饗 くろ喜@秋葉原 其の792016/09/01 23:23:00

若いプロジェクトマネージャーから会議に遅刻しない様に釘を刺される(笑)。 で、少し早目に秋葉原へ。 直ぐに県境さんが「シェードの下が良いですよね」と到着される。 御蔭様で普段よりも長い待時間も短く思えた。 前週はミスって仕舞ったので、コンプリートは逃して仕舞ったが、今回の「夏麺」は数えて8弾目。
饗 くろ喜@秋葉原 其の79-1
今回は「白とうもろこしと羅臼昆布の冷やしそば」と命名されたが、玉蜀黍は、「白い妖精」と云う種類で、大将に似付かわしく無い名前だとこそこそ云って居たのは内緒にして置こう。

饗 くろ喜@秋葉原 其の79-2
先日、グラシアで頂いた「ビシソワーズ冷やし花の季ヌーボー」と同じイメージのルックスとテイストに思える。 此のホワイトが妖精由来で、浮いて居る玉蜀黍は「ゴールドラッシュ」と云う種類だそうだ。 其れを醤油味で手間を掛けて焼き、喰べ易い様に芯の部分を切り落として有る。 奥に浮かせて居るのは「ガラムマサラ」…って、何? ゴジラの新しいライバル見たいな名前の印度スパイスは、風味がカレーっぽい。 更にブラックペッパーを重ねて居て、コーンのスープの甘さとのコントラストを強めて居る。 麺を浸しても勿論良いのだが、フレンチライクなスープとして味わうのが好みだ。

饗 くろ喜@秋葉原 其の79-3
黒木さんの仰る「ピロピロモチモチな平打ち麺」には麩を練り込んで居るが、此れは黒木さんの得意技だ。 昆布の風味高い出汁水に塩ダレを加えて、ソルティにシフトした味わいが麺に良く合って居て、麺好きの小生には此の儘頂くのがベターに思える。 ミニトマトとシンタイプのアスパラは共に御浸。 生ハムは凄く高級なテイストだが、丹波黒鶏だそうだ。 更にアーリーレッドのシャキシャキを混ぜて頂く。 最後に皿のエッジに留めた生の「白い妖精」をデザート代わりに頂く。 薄くフレッシュな甘さが本当にフルーツ見たいだ。

「未だ暑い様なので、来週も夏麺を遣ります」と黒木さん。 亦、楽しみに伺おう。

今日の piccolo zio 其の102016/09/02 01:01:00

火曜日は海岸で「塩漬」に為って仕舞い、訪問を諦めた「piccolo zio」に着いたのは、17時30分頃。
今日の piccolo zio 其の10-01
あ、あら… チェックせずに来ちゃった、と店内で待たせて頂く。 何時もの17時に来なくて良かった。 色々と御話…少しでも身体の負担に為らない動きでオペレーションが出来る様にと彼や是やの創意工夫の改善策。 流石は元SE、システム分析に感心しました。 ロックスオフの若林さんが、夏休み前のデリバリーに顔を見せられたので、御挨拶。

18時を待って、
今日の piccolo zio 其の10-02
カールスベルグでスタート。

「クエヴァ・バイ・マリアーノ ティント」は、バレンシアのボバルのヴァラエタル。 稀少なローカル品種だが、思いの外エレガントに仕上がって居る。 「マセラシオンカルボニック」って奴だな。 恐らくはノンフィルなのだろうって顔をして居る。
今日の piccolo zio 其の10-03
記事の掲載が遅れたのは、此のフォトの所為。 何だか弄りたくて、遊びが過ぎた…感じに(笑)。 ポップ調のアレンジにしてからソフトフォーカスを掛けて、もう一度、引き締めて、色味をアジャスト等々…

最後の晩餐には是非、並べたい一皿。
今日の piccolo zio 其の10-04
「鮪の生ハム バジル巻ソテー」、大好き!

マッツンの選ぶ御皿は中々小生の好みに合う。 自分では選ばないデザインなのに、不思議な感性の一致を見る想いだ。 「GIRASOLE」は伊語で「向日葵」だが、此れはアーティチョークだよね。 あ、サルデーニャのコムーネ(自治都市)にも此の名前の処が有るのか。
今日の piccolo zio 其の10-05
肝心の御魚は…香ばしくて美味いのだが、鯵でしたっけ(汗)。 間に檸檬が挟まって居るのだが、其れも併せてベイクして見ました、とさ(笑)。

豪勢に季節の野菜をたっぷり添えて、の肉ぅ。
今日の piccolo zio 其の10-06
野菜不足の吾身に嬉しい一皿。 肉好きの吾舌にいっぱいの牛ぃ、超絶歓迎。 薄いチーズを乗せて、最高。

マッツン、御免なさい。 節酒を云い渡されて居るので、ボトルを飲み干すのは控えました。

今日の渦 其の6922016/09/02 02:02:02

寄る心算にはして居なかったのだが、少し御無沙汰だったので、皆の顔を見に廻る事にした。 幸い、席に余裕が有ったし、女将さんも隣に来て下さった。

今日の渦 其の692-1
乾杯に1グラスだけ、とジンライム。

今日の渦 其の692-2
「味噌ピリ辛」をハーフで頂いた。 ジンライムと味噌ラーメンを出して貰える店は、そうは無い。 更にハーフサイズで提饗と為れば、此処しかない。 割と確りラーメンの気分で、此のテイストを選んだのだが、濃過ぎず、軽過ぎず、辛過ぎず、物足りなくも無く、と実にバランスを弁えた辛い味噌。 然り気無いバランスを維持し乍、味噌の美味さを堪能出来る。 此の一杯も傑作なのだ。

「渦雷」が夜営業を開始したと伺った。 此方もチェック漏れだったが、此れで伺い易く為った。 超御無沙汰を解消せねば。