53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の742017/09/09 01:01:00

片瀬西浜から「53's Noodle」へ廻る。 そんなに遅い時刻では無かったのだが、麺類は売切との事。 「らぁめん鴇さんの自家製麺」と云うのが呼水に為ったのか、大変な賑わい。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の74-1
で、ビールとワイン。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の74-2
ファルネーゼ・カサーレ・ベッキオ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

そして、チャーシュウを頂く。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の74-3
辰也君のチャーシュウは何時も見事に美味。 ワインにも良く合います。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の732017/09/02 02:02:02

根城にし始めた「ネクトン藤沢」。 「シネコヤ」から戻って、PCを開く。 此迄はブログの記事とか書き始める処なのだが、昨今は「SOLiVE24」ばっかり観て居る。 可愛い女性キャスターの顔と名前も覚えて仕舞った。 天気情報と若い女性…小生的大歓迎組合なのだ(笑)。 で、到頭3週間以上も貯めて仕舞ったバックログ。 辰也君の準備が整ったと見るやカウンターでハートランド。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の73-2

此夜のワインもモンダヴィのPS。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の73-1

チャーシュウ盛合。 今回はタップリと頂きました。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の73-3
一寸調理法を変えたのかな、焙り具合が好みだ。

此夜は「お寿司屋さんからアラを大量に頂いたので鮮魚やります。鯵や鯖をメインに多様な出汁でやります:53's式鮮魚麺」との触れ込み。 「御魚は…」と小生の顔に書いて有ったのだろう。 「通常のラーメン以外になんかやれたらやります!」と云う対応をして呉れたのが、此方。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の73-4
「麻婆炒飯」。 わぁ、有難うね。 ケンちゃんの「カレー炒飯」も美味かったが、此方も負けて居ない。 炒飯人の小生が欣喜雀躍の一皿でした。 炒飯ってムテキングだな~

今日の piccolo zio 其の252017/08/24 01:01:00

到頭、1週間以上のバックログを溜め込んだかも… 「NEKTON藤沢」にでも籠って片付けないとイケナイな。


あ、打(ぶ)つかる…な訳は無いのだが、望遠レンズの圧縮効果。
今日の piccolo zio 其の25-01
此のフォトは、デジタルテレコンで200%拡大(35ミリ換算で 400mm )して見た。 此れはピントが甘いのだが、此のレンズなら「使える」かも知れない。 翌々日は此の片瀬漁港の西突堤から平塚の花火を撮る予定なのだ。 西浦から弁天橋を渡って、片瀬江ノ島から本鵠沼迄は30分程掛かる。 此夜のディナーはマッツンの「Piccolo Zio」。 到着したのは19時の少し前と云うタイミング。 幸い、未だ席に有り付けたが、30分程でフルオキュパント。 御店主の人柄が宜しいと御客様も人品卑しからぬ方々が集う様に為る。 小生は例外の様ですが… カメラを挟んで楽しい会話が流れる。

最初はカールスバーグで喉を潤しました。
今日の piccolo zio 其の25-02

TODAY'S MENU
今日の piccolo zio 其の25-03

何時でも御任せの前菜。
今日の piccolo zio 其の25-04

此夜のワインはブラン、ルージュ共にクリスチャン・ショサールのパタポン。 グラスで頂いたのだが、白も飲みたかったし、ボトルを空にするのは少々厳しいかな…って処だ。
今日の piccolo zio 其の25-05

今日の piccolo zio 其の25-06

目の前に有ると、「此れ、カットして…」と為るブルスケッタ。
今日の piccolo zio 其の25-07
敷いて居るペーパーが御洒落だし、フカホワのタッチと大粗の岩塩が良い。 エクストラバージンオイルで… 

メインは大山(だいせん)鶏。
今日の piccolo zio 其の25-08
最近、鶏肉が更に好きに為った小生には嬉しいグリル。 肉厚な鶏は濃い味わいで、ジューシー。 添えて有る野菜も地元の採れ立てを揃えて有り、嬉しい一皿。 こう云うのを頂けるビストロが近くに有るのは嬉しいね~