飯田商店 41回目2017/04/11 23:23:00

「もう冬物は要りません」と云った気象予報士が謝る程の寒さ。 大雨に加えて風も強い。 逆に「此なら」と快足電車で湯河原へと向かう。 岩礁を叩く波も相当な勢いだ。 車窓を洗う滝の様な雨越の桜。
飯田商店 41回目-02

びしょ濡れで店の前に着くと御二人だけが御待ちで、直ぐに入店。 「イヤ、良い御天気で…」と小生、「御足元の悪い中」と飯田さん。 直ぐにホールの御姉さんが乾いたタオルを持って来て下さる。 流石のホスピタリティに感激。 ー流なのはラーメンのテイストだけでは無いのだ。 御願いしたのは「醤油チャーシュー麺」。 多少のプラスで、たっぷりのチャーシューが頂けるので、此方を選択する事が多い。
飯田商店 41回目-01
クリアを極めたスープを先ずは啜る。 初ロのインパクトは何時迄経っても身震いする。 醤油、鶏油…其れに水…どんな手品で此の味わいを醸し出すのだろう。 細い三葉、厳選された穂先メンマ…そして、絶品チャーシュー。 一分の隙も無い。 思わずニコニコして仕舞うね。 「気を付けて御帰り下さい」の声に送られて、駅へ戻る。 余裕で1本前の電車に間に合いました。


飯田商店 41回目-03
雪柳。

飯田商店 41回目-04
白木瓜。

飯田商店 41回目-05
確かに蕾は蓮に似て居る…かも、の木蓮。

シネコヤ 其の12017/04/10 23:23:00

映画と本とパンの店、「シネコヤ」が鵠沼海岸で4月8日にオープン。 「渦」を卒業したAちゃんの新天地でも有る。 彼女の役割はカフェのメイドさんだが、何でも出来るので、屹度、早晩彼も此れもに為る筈(笑)。 週末は混みそうだとの事で、開店3日目の月曜日に伺った。
シネコヤ 其の1-01
店の内外に祝花が溢れて、御花屋さんかと紛うばかりだ。

サンドイッチやケーキも有るんだ…
シネコヤ 其の1-02
で、「ハムチーズサンド」と紅茶を頂く事に。
シネコヤ 其の1-03
「チコパン」の麺麭も美味いし、ハムやチーズも地元の御店の上等品だね。 そして、紅茶の美味さに驚く。 藤沢駅近くの有名な紅茶屋さんと提携して居るとか。 紙コップに入って居るのがミスマッチだけど、其れも一興だろう。 丁度シネマが始まったタイミングだったので、カフェスペースやライブラリは空いて居た。 其処で蔵書を眺めて…佳い空間で有る。 興味を引かれた1冊を2章迄読んで引き揚げる。


帰り路で。
シネコヤ 其の1-04
将に満開。

シネコヤ 其の1-05
変に撮って見た長実雛芥子。

シネコヤ 其の1-06
元々変な蔦葉海蘭。

夕陽3景2017/04/05 01:01:00

市内最高地点の丘からダイヤモンド富士と云う夕。 其処迄勝手は効かなかったのだが、コンディションが面白そう、と地元の海岸から富士を狙った。

夕陽3景-01
頂上が隠れたり、顔を出したり… ワイド感が欲しくて、3:2の比率で切り撮った。

夕陽3景-02
怪魚、陽を喰らう。

更にワイド比率で。
夕陽3景-03
断末魔。

夕陽3景-04
タッチ。

もう一人だけ、此処で撮って居らした御嬢さん。
夕陽3景-05
御近付に為りたいなぁ(笑)。


翌々日のショット。
夕陽3景-06
コンディション悪し。


ダイヤの夕。
夕陽3景-07
時刻的に頂上に沈んで居るのだと思うが…


夕陽3景-08
御負の朝陽は一番電車の多摩川鉄橋から。