シネコヤ 其の102017/07/27 23:23:00

ケンちゃんの処に行く前に「シネコヤ」ブレイク。 Aちゃん、居るかな~と伺ったのだが、久し振りに御目に掛かれました。 頂いたのは、
シネコヤ 其の10-1
ハムチーズサンドとアイスティ。 サンドイッチは御手製の粒マスタードで頂きます。 ランチレスに為って居たので、生き返る様に美味しい。 麺麭のメニューも増えたし、時にはビシソワーズなんかも頂ける様だ。 嬉しいね。 丁度、上映時間帯でカフェにはゆっくりな時が流れる。 Aちゃんと沢山御話が出来て、好い一時でした。

鵠沼海岸に出て、夕陽を眺めて見た。
シネコヤ 其の10-2

シネコヤ 其の10-3

シネコヤ 其の10-4

チミン喰堂@木曜ミンタルの開店時刻はもう直ぐだ。

鎌倉花火大会2017/07/20 01:01:00

花火は好きなのだが、人混は大嫌い。 海岸は兎も角、鎌倉花火大会の会場への往復の混雑の地獄っぷりは2度と体験したく無い。 況してや独りで撮影機材を背負って…なんて考えるだけで嫌なのだ。 だから、何時も花火大会のフォトは望遠で撮る。 今回も可能な限り混雑を避ける計画を立てた。 逗子花火大会の時の様に江ノ島から撮ると打ち上げ場所が稲村ヶ崎にマスクされて仕舞う。 江ノ電電車とのコラボを撮る程の腕とセンスは無さそうだ…と花火の東側へ廻る事にした。 ダイヤモンド富士の季節に足を運ぶポイントから岬等に花火が遮られない候補地をピックアップし、仔細に検討して撮影地を決定。 早目にオフィスを出て日没に間に合う様に到着。 座って撮る横着を「三脚の脚を短く出来る」と云う言訳で糊塗して場所取り。

案外グ~な御日様と江ノ島のコラボ。
鎌倉花火大会-01


未だ明るさが残って居る内に始まっちゃうのね。 情報よりも西に寄った処から上がり、チト焦る。
鎌倉花火大会-02
芯抜…

水中花火は東にシフトした海上で放り込むらしい。 此の位置が情報通りなんだ。
鎌倉花火大会-03
16:9にトリミング。 逗子マリーナとの組み合わせは想定して居たのだが…

漸く暗く為って来ました。
鎌倉花火大会-04
2:3にトリミング。 秋桜の様な花火は好きだが、下は飛んだねぇ。

デカ…あ、寄り過ぎた。
鎌倉花火大会-05
タイミングは良いのにヂグジョ~

で、少し引いて置きました(笑)。
鎌倉花火大会-06
こんな地味な奴も上がる。 でも、結構好きなので彩度を上げて見た。

思った以上に花火の見掛けのサイズが大きく、今回は目視鑑賞も楽しんだ。 OM-D E-M5MkII からレリーズケーブルを石製のベンチ迄延ばして、花火を目で追ってシャッターを開け閉めして居た。 何処でも出来るスタイルでは無いが、此れは良かった。

鎌倉花火大会-07
異論も有ろうが、小生は打上光筋が無く、芯が有るタイミングの花火フォトが好きだ。

粋なショット。
鎌倉花火大会-08

競演。
鎌倉花火大会-09
タイミングが難しい。

ま、また切れた…
鎌倉花火大会-10
随分引いて待ったのだが、こいつ大き杉www

引いた途端にミニサイズ。
鎌倉花火大会-11
2台撮影は不器用な小生には無理だろう。

宇宙蜘蛛。
鎌倉花火大会-12

上の花火は目で見ると野球のボール見たいなデザインに見える。
鎌倉花火大会-13
フィナーレは上手に撮れなかったな…


撤収後は海水浴客が並ぶバス停からひとつ遡って乗車。 逗子駅では横須賀線上り電車の先頭車輛に乗る。 勿論、ガラガラなのだが、鎌倉駅で超満員に為る(此の時点では駅の外迄乗客が溢れて居た)。 大船駅では無く、戸塚駅で東海道線に乗り換えれば、混雑には遭遇しない。 随分と考えたルートは正解でした。 もっとの裏技は内緒だwww。

可留茶屋倶楽部@網走2017/06/20 17:19:38

気が置けないメンバーで知床迄行って来た。

可留茶屋倶楽部@網走-05
マフラーに手袋で撮りました。

可留茶屋倶楽部@網走-04
ウトロの美しい夕陽。

可留茶屋倶楽部@網走-06
小清水原生花園の浜茄子。

網走でラーメンを頂きました。
可留茶屋倶楽部@網走-01


火曜日は「御疲れ休み」を頂戴して、昼に頂きました。
可留茶屋倶楽部@網走-03
夏至に賞味期限が切れるとは、覚え易い。
可留茶屋倶楽部@網走-02