今日の渦 其の7102017/02/17 01:01:00

南西からの風が強いので、島陰に位置する此の浜辺から富士山を狙う事にした。 江ノ島の西浦港。 勿論、バスで島内迄運んで頂いた(笑)。
今日の渦 其の710-01
薄富士。 寧ろ、淡さを誇張して撮った。

居た居た…此日もラブラブなカップルが… 二人だけの時の流れで眺める夕陽なら、島一番が此処だ。
今日の渦 其の710-02
富士山と御日様、どちらを背景にするか悩んで、後者。 1枚目がベストだったが、空を一足御先に春に仕立てて見た。

溶ける様な夕陽を青基調で撮った。
今日の渦 其の710-03

焼け方はまぁまぁ…かな。
今日の渦 其の710-04
彩度は上げて見た。


丁度、「渦」の開店時刻に本鵠沼に戻る。 女性スタッフが2名と云う夜は珍しいんじゃないかしらん。 気温のやや高い日だったし、多少歩いたので「飛切燗」の気分では無かった。 其処でビールを確り頂いた。
今日の渦 其の710-05

ダレヤメの御摘。
今日の渦 其の710-06
菜の花漬と鶏節、蛍烏賊… 後はアルコールで記憶が… 説明して呉れた芳実オーナー、御免ね。

久し振りに預けて有った「壱岐ッ娘」を呑む。 屹度、ロックで3杯、か4杯。
今日の渦 其の710-07

渦の厚揚はとっても好物。 何だか判らないが、他と違うんだよね~。
今日の渦 其の710-08

芳実オーナーが、ワインプレート為らぬ、焼酎プレートを拵えて呉れた。 生豚(ハム)とか菜の花、フリッターに…
今日の渦 其の710-09

締には「つけそば」をハーフサイズで頂いた。
今日の渦 其の710-11
先ずは麺。 「渦雷」で製麺して居る麺では無いのだが、美味しい麺で直喰に良い。 一度、此の麺を肴に御酒を呑みたいね。
今日の渦 其の710-10
こんなトッピングを絡めると更に美味さが拡がる。 此の喰べ方が渦のオリジナル。
今日の渦 其の710-12
付汁にはオレンジが浮かび、サッパリ感を演出。 味わいと美味さの濃い醤油のテイストが麺にも馴染んで…ヤッパ、佳いねぇ。

麺屋KABOちゃん 其の1752017/02/13 23:23:00

オフィスに向う前に最寄海岸で十六夜のパール富士を撮る事にした。
麺屋KABOちゃん 其の175-01
此処のコンポジションも悪くは無いのだが、沈む位置が少し北へズレるのだ。 諧調を調整して、朝陽たっぷりに撮った。

麺屋KABOちゃん 其の175-02

麺屋KABOちゃん 其の175-03
月は青空に溶けそうなので、彼の手、此の手で強調した(笑)。

人身事故が重なり、オフィスに着くのに倍の時間が掛かった… 昼営業の終わる頃に霜降詣。 「味噌ですか?」、「今日は醤油つけ麺を御願いします。」 前回、御隣でつけ麺を召し上がって居た方がいらして、次回は此と決めて居た。

麺屋KABOちゃん 其の175-04
菜の花の御浸を沢山サービスして頂いた。 和風出汁は御手の物なので、直ぐに美味しく出来るのだそうだ。 羨ましい。 此の一杯、凄くインプルーブした様に思う。 前回頂いてからインターバルが有るので、はきとは云えないが、絶対美味く為って居る。 先ず、麺が良く為った。 ツルスベのタッチに香りも高い。 麺が良くなくては全て駄目と云うカボちゃんだが、燦燦斗の後藤さんも同じ事を仰って居たな。 凪製麺に色々とアドバイスされたそうで、其の効果や絶大。

麺屋KABOちゃん 其の175-05
そして、付汁も素晴らしく上品に洗練されたテイストに為った。 手間を掛けるとちゃんと報われるものなんだね。 更に今はライト系の煮干を使って居るそうなので、其れが小生の好みに有って居る様だ。 柿酢の旨味を堪能したのもそんな結果なのだろう。 「スープ割しないんでしたよね」、と完飲。 此は旨かったな~

海岸で週末の朝陽を撮って見た2017/02/12 17:36:36

<2月11日>
昔は「紀元節」と呼んだ物じゃが…と云う程の歳じゃないが、祝日が土曜に重なる事の多い2017年の「建国記念日」。 前日に振った霰や霙、湿雪が凍って滑る。 自転車で海岸に出たのだが、こんな場所は降りて通る。(WBを弄って、遊んで見た。)
海岸で週末の朝陽を撮って見た-01
サーフボードを乗せた自転車で颯爽と行くアンチャン。 タイヤを滑らせて…転ぶかと思い、楽しみに見て居たのだが(笑)、流石はサーファー殿、バランス感覚が素晴らしく、見事に立て直した。 スゲェ~

海岸で週末の朝陽を撮って見た-02

海岸で週末の朝陽を撮って見た-03

海岸で週末の朝陽を撮って見た-04
相当に冷え込んだ(-1.3℃)ので、太陽は海霧の向こうから昇って来た。 今回は唯一持って居る、パナライカのフォーサーズレンズで撮った。 絞っても柔らかい写りが、海霧のシチュエーションにマッチする。 でも…AF効かねぇな~(笑)。 そろそろ買おうか…「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」。 いや、此方かな「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」。


<2月12日>
此朝は三浦半島の立石海岸迄行けば、満月が富士山頂に沈むのが見えた。 だが、前夜のGPV予報では可也の雲が拡がる筈だったので、遠征をキャンセル。 でもぉ、目覚めてライブカメラをチェックすると、ピーカンだね~(泣)。 現地は嘸や賑わって居ただろう。 駐車が大変な(前夜、前夕から集まる)車で行かなくても、2番電車とバスでも30分前に着けたのにね、残念。 翌朝にはパール富士が地元海岸に遣って来るが、7時25分では見えるかどうか、だね~。

気を取り直して、最寄の海岸へ急ぐ。 未だ木星とスピカが並んで見えて居たので、1枚撮った。
海岸で週末の朝陽を撮って見た-05
木星の直ぐ隣に小さな星が見えるが、ガリレオ衛星のひとつ「ガニメデ」(4.6 等星:「・・・の優しい巨人」<J・P・ホーガン>:ガニメアンの故郷<懐かし~い>)。 黄金色の木星と青白いスピカの対比が美しい。 7日に「留」(外惑星の順行・逆行が変わる時に見掛上静止するタイミング)を過ぎたばかり(順行から逆行に変わった)の木星は動きが鈍い。

海岸で週末の朝陽を撮って見た-06
夜明け前…寒い(-1.3℃)かも。 江の島の南側の雲が如何にも無粋だね~

海岸で週末の朝陽を撮って見た-07
紅富士と満月。 靄の中に浮いて居る様だ。 立石海岸に行けば良かったなぁ~

海岸で週末の朝陽を撮って見た-08
あら、そんな処に…