53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の532017/03/25 01:01:00

17時に「NEKTON藤沢」に到着。 此夕は何だか賑やかだ。 「53's Noodle」の開店時刻に為ると徐々に粘着タイプ(笑)のゲストが集まって来る。 此日は辰也君のバースデイだそうだ。 プレゼントを届けにだけ来られた方とかも居らして… 人気なんだね。 あ…、小生は只喰って帰って来ちゃったけれど…

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の53-01
ハートランドで喉を湿らせたが、テーブルのスイートピーを前景に、後ろは「美人」のS姉さん。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の53-02
ワインに移行。 今回は濃いのが飲みたくて、細々里(シチリア)の「フェウド アランチョ カントドーロ」。 ネロ・ダーヴォラとCSの御日様ワイン。 エチケットの五線譜は彼の島の愛の歌…だとか。 確り、フルボディで気分に見合った。

辰也君はもう半端無く忙しくて… 爺の摘み迄手が廻りません(笑)。 小生も自席で…ウトウトwww
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の53-03
取り敢えず、此を頂きました。

此の夜は「煮干ナイト」で、「人によっては苦いというくらいニボってます」とのコメントに震えたのだが(笑)、20時を廻った頃には完売。 何と2時間一寸で売切れだ。 でも、小生には此れを用意して呉れて居ました。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の53-04
ミートソース。 餅ぃ麺を使って手早く、見栄え良く拵えて… そして、美味しいねぇ。 コンクなワインとのマッチングも良くて、大いに満足。

夜遊びの奥さんとタイミングを合わせて帰宅したが、「辰也誕生会」は其の後も大いに盛り上がった様だ。 良かったね!

チミン食堂ミンタル 其の22017/03/24 01:01:00

丁度、1ヶ月前に初めて御伺いして以来の「チミン食堂@木曜ミンタル」。 木曜日の夜はケンちゃんが「ミンタル」で腕を奮う。 19時の開店に合わせたバスを待っての訪問。 オーナーのIちゃんは後刻にゲストとして到着され、カウンターの中はケンちゃんに御任せに為った。

チミン食堂ミンタル 其の2-01
「中々」のボトルを見附けたので、ロックで頂く。 前回、そんな話をしたのをIちゃんは覚えて居て下さった様だ。 嬉しいね。

此の夜のメニュー。
チミン食堂ミンタル 其の2-02

今回も右端から全部喰しました。
チミン食堂ミンタル 其の2-03
「バインチャンルー」。 此れは「越南風タコス」なのだが、前回も頂いたし、「TRUST ARCHER」でも喰べた。 多少口に運び難くは有るが、焼いたライスペーパーに包んでワイルドに頂くと美味。 エスニックなソースが良くマッチして居る。

チミン食堂ミンタル 其の2-04
大好きなケンちゃんの串焼。 此夜は「ジャークチキン」。 店内からの排煙が大変では有る(笑)が、スパイシーなテイストは折紙付き。 もう2本頂こうかと悩む程だ。

チミン食堂ミンタル 其の2-05
パクチーを半分量に抑えて頂いて、葱を加えて貰った「水餃子」。 ムチムチの喰感と肉の味わいが良くマッチして居る。 タレは「和特製麻辣油」だそうで、此れが亦、結構です。

チミン食堂ミンタル 其の2-06
「真鯛のカルパッチョ」。 定番とも云うべき一皿。 少し厚目にスライスされて居るのも嬉しい。 ソースが秀逸だが、ベトナム醤油の「ヌクトゥ」だそうだ。

Iちゃんが客席サイドに座るのは、ファンの方には「大チャンス」。 小生もそうしたいのは山々為れど、其処は常連諸兄の特権でしょう、とバスのタイミングを計って辞去。 結構帰り易いのが、有り難い。

今日の piccolo zio 其の182017/03/23 01:01:00

「piccolo zio」の開店記念日は3月21日なのだが、1周年記念営業は19日の日曜日に予約オンリーで行った。 丁度、娘一家が来て居たので、其れはミス。 2年目の初営業日で有る22日の開店時刻に飛び込んだ。 でも、空手で…スミマセン。 懐かしい御顔の新スタッフにも再会出来て、伺う楽しみが増したね。

今日の piccolo zio 其の18-01
カールスバーグで景気付け。

此夜のワインはルーションは「ラゲール」の「シスト・ルージュ」。
今日の piccolo zio 其の18-02
爽やかに柔らかい… そんなタッチのエレガンスに塗れたい。 そう云う深淵に誘(いざ)われそうな旨味。 酸味、甘味、渋味、ミネレル、スパイス… 全てが程良いのだが、小じんまりとはして居ない。 此れは佳酒で有る。 「1周年の乾杯」は此れで御機嫌。

今日の piccolo zio 其の18-03
マッツンのオードブル。 手を掛けて用意された一品、逸品に心弾む。 パテが殊更に美味いなぁ。

今日の piccolo zio 其の18-04
最高級のパルマ産の生ハム。 一寸頂いた事が無い様な生ハムをスライスして貰った。 マッツンが鼻をヒクヒクさせて自慢するだけの事は有る。 ナッツがオークでスモークされて居るのも憎いねぇ。 チーズも好い物を揃えて居るし… プレートの立派さも特筆して置きたいね。

今日の piccolo zio 其の18-05
個人的に「最高金賞」に値すると思って居る、「鮪の生ハム バジル巻ソテー」。 す、素晴らしいぃ~

今日の piccolo zio 其の18-06
今回もメインは此れ、「子牛のカツレツ」。 素材の良さは勿論、麺麭粉、オイルとか… 何よりも揚げ方の妙… 本鵠沼で此れが頂ける幸せ、だよね。

今日の piccolo zio 其の18-07
ハーフサイズで造って頂いた「ブロッコリーのパスタ」。 締めのヌードルに最適なのだ。 マッツンの面目躍如のラストディッシュ。

2年目も順調なスタート…だよね。 御馳走様でした。