湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目2017/04/19 23:23:00

今回のブログブランクの起因は風邪。 山中湖で若い人達と燥ぎ過ぎた…とか無かったと思うのだが、金・土とダウンして漸くキーボードに向かう気力復活。

「リールカフェ」の5周年記念日を前に山中湖へ伺おうと云う話が纏まり、前年にも集ったメンバーで(キノコちゃんが欠席)レンタカーを借り出す。 前日の嵐が収まり、上々のドライブ日和。 前回訪問時も翌日は大雪に為ったので、我々は行いが良い見たいだ。 とは云え、花粉鼻が酷くて(既に風邪だったのかも)大きなティッシュ箱を持ち込んでの出発。 運転は「プロ」の辰也君だが、借りた「マークX」も静かで滑らか。 最近の車は所謂「ビビリ音」が皆無なんだね~と感心。 わぁわぁと楽しい一日の始まりだ。 西空の雲の様子から富士山頂上の雲が取れるのは11時(ビンゴ)と踏み、御殿場から「花の都公園」に直行。 今回は少しだけ「計画的」に来た(笑)のだ。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-01
珍しい菫に平伏し、アップで撮るAちゃん。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-02
「タスマニアン・ビオラ」だそうだが、フォトの出来栄えは彼女の方が上廻って居ました(泣)。

売店でもうビールを飲み始めた奴が居て、運転交代。 Aちゃんのステアで「リールカフェ」に着いたのは、11時30分ジャスト。 此処迄ピッタリとは! 高村さんや奥様、スタッフの皆さんに御挨拶して、前回と同じテーブルにドッカリ… さぁ、飲むぞ、喰うぞの鼻息凄まじく、スタッフの御姉さん「引いて」たかも。 平日だった事も有るが、「落ち着かなく為る」程の行列には為らず(此方が強心臓なのか)なのに甘えて、粘着時間の間にこんなに御願いしました。 と云うか、此れだけのバリエーションを造って頂けるのは凄いよね。 西風に白波を立てる湖面と雲が吹き飛び、頂上を不断に見せて呉れる富士を眺めての御洒落でデリシャスな喰事は御前上等。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-04
兎も角、辰也君はビールが無いと「始まらない」。 追加は何本だったのでしょうか?

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-05
小生は此方。 ハーフサイズなので、2本…

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-06
美しく、美味しい。 摘み盛合せ。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-07
レアチャーシュウ、もっと喰べたいと追加。 超美味!

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-08
ピザ…フォトを見る度に「パブロフの犬」状態。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-09
レアチャーシューライス。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-10
ローストトマトのスープCafeソバ。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-11
此れ…何でしたっけ(汗)。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-12
ほうとう仕立の「野菜と有機豆乳の味噌ラーメン」。 御存知、あの逸品。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-13

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-14
甲州地鶏つけソバ。 小生は此れを頂く事が多いかも。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-15

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-16
女子2名のスイーツ…流石「カフェ」を標榜するだけの事は有ります。


長時間、御喧しゅう… 大変、御世話に為りました。 高村さん、色々と御気遣いを頂き、本当に有難う御座いました。 あ~癖に為っちゃうなぁ。 ミュージアムを見学した後に偉観のパノラマ台へ上がる。 風は強いが富士山絶景。
湖麺屋 Reel Cafe @山中湖 25回目-03
こんな写真にして欲しい、との事(笑)。 一発1枚にしては上出来と云う事で。

ほぼ予定の時刻に地元に帰着。 Aちゃん、運転御疲れ様でした。 御蔭様で楽しい1日でした。 御土産を「ネクトン藤沢」の天井裏に預けて、解散。

チミン食堂ミンタル 其の42017/04/14 02:02:00

「シネコヤ」を出て「チミン食堂」に向かう。 鵠沼海岸は半世紀前、即ち中学生の頃は「準地元」で有った。 親しい友人が住んで居り、級友の溜場に為って居た。 「此処に有った(筈の)洗濯屋さんはマドンナの実家だった」とか、実はとても懐かしいエリアなので有る。 とてもゆっくり歩いて15分… 50年の時の厚みを感じる時間が流れる。 計算通り、1分前に到着すると既に「OPEN」のボードが懸かって居る。

チミン食堂ミンタル 其の4-01
此処でもケンちゃんの串焼やアイデア料理を楽しみにして遣って来る。

チミン食堂ミンタル 其の4-02
此処で少々困るのがアルコールの選択。 「中々」が捌けて仕舞って居ると悩む事に為る。 今回は30度の黒糖焼酎を御願いした。

チミン食堂ミンタル 其の4-03
ケンちゃん地元の「相馬漬」。 此は大好きなので、ついパクパクと喰う、喰う。

Aちゃん情報で知ったのだが、此夜は「渦」の女将さん、辰也君、イッペイ君、そしてAちゃんが集合。 賑やかに、華やかに…

チミン食堂ミンタル 其の4-04
「ジャークチキン串」。 此れが御目当て、大好き。 10本呉れる?

チミン食堂ミンタル 其の4-05
もうひとつのフェイバリットが此方、「バインチャンルー」と云う名前もオリジナルの越南風タコス。 喰べ難いのだが、味わいは絶対。 バリバリと頬張る。

何度も書いたが、此処からの帰宅はバスが大変便利。 始発なので定刻に来るので、3分前に出れば丁度良い。 此夜は皆さんと大いに盛り上がったので、何と最終バス。

シネコヤ 其の22017/04/14 01:01:00

「チミン食堂」は開店時刻が19時と他店に比べると1時間遅い。 で、同じ鵠沼海岸にオープンした「シネコヤ」に2回目の訪問をしてから、と云う事にした。
シネコヤ 其の2-1
カフェメイドの衣装に身を包んで、ツインテールの御下毛をベレー帽から覗かせたAちゃんは「渦」時代とは随分印象が違うね。

シネコヤ 其の2-2
テーブルの一輪に「ディンブラ」のティを並べて見た。 珈琲は嗜まない小生は紅茶には少々だが拘る。 此のティは頗る好みだ。 勿論、ストレートで頂く。

シネコヤ 其の2-3
カウンターに有ったキッシュをカットして頂いた。 此方も飛切りのテイスト。 ボリューム的にも丁度良い。 但し…此のプラフォークでは喰べ難い。 Aちゃんがティスプーンを持って来て呉れたが、箸は無いかね(笑)?

上映中の時間帯は1階の人は少ない。 此日は「あの本」の3章を読んだ処でタイムアップ。