53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の672017/07/22 01:01:00

「今週はノンアルウィークなので、オールフリーを分けて」と辰也君にリクエスト。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の67-1

此夕は17時30分に来られる御客様も無く(笑)。 ゆっくりスタートだったので、直ぐに一杯頂いて引き揚げようと、「もう造っちゃいますか」のタイミングで御願いした。 「冷やし」も出来ると伺って、即決。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の67-2
「色々と突っ込んで…」のスープなのだが、其の割には淡麗で各素材同士が足を引っ張り合わない。 纏まった美味さの全体調和。 「其の辺は弁えて居ます」、でしょうね。 冷たい温度にも味わいが耐えられるのに諄くないんだね~ 麺も妙にマッチして居る様に思えて来るし… 2種類のチャーシュウ、十八番のローストトマトも嵌る。 特筆はライム。 「其の辺りで見付けたので」とか素っ気無いのだが、良く効いて居ます。 僅かに振った黒胡椒とか、憎いねぇ。

Sさんに辰也君が拵えたのは、「ニュータッチャン焼きそば」。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の67-3
過日の「タッチャン麺」の焼そばバージョンだそうだが、旨そう… 次回は造って頂こうっと。

此れで帰宅する心算だったのだが、急ぎのメールが入り、自宅のPCを呼び出して其の案件を片付ける。 其の間にも御客様が続々々々… ありゃあ、開店時の「まったり」はフェイクだった見たい。 近くで盆踊とか有った所為だと思うのだが、一見さんも可也の人数の方が来て下さり、辰也君も八面六臂だか七転八倒だか…(笑)。 小生も多少は御手伝い、です。 小生のPCの前に座ったカップルの御兄さん「俺、一寸ラーメンは喰うんだ(詳しいとか好きとか云う意味らしい)けど、此処は知らなかったなぁ…」 で、御嬢さんが「冷やし」、アンチャンが「醤油」。 姉さんは「美味しいぃ~」、兄さんは「うん、此れは旨いな」と二人でシェアし乍褒めて呉れました。 嬉しい会話に耳を欹てて仕舞った。 亦、来てね。 二人の丼を片付けると8名の団体様御来店で、テーブルを御譲りして窓際へ移動。 更に御客様は引きも切らずで、20時15分には
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の67-4
こう為りました。 此のタイミングで小生は引き揚げて来ましたが、辰也、生き延びたかい(笑)? 繁盛万歳。

饗 くろ喜@秋葉原 其の882017/07/21 23:23:00

夏麺第4段は人気の「冷やし担々鶏そば」。
饗 くろ喜@秋葉原 其の88-1
其処で少し早目に伺って、ギリSP。 最近、こう云う事が多い。 シェードの下で風を受ければ、其れが南からでも有り難い。

饗 くろ喜@秋葉原 其の88-2
「良く掻き混ぜて…」とわっさんのアドバイスだが、可哀想(笑)で、少しずつ崩してからわぁ~っと。 「饗の夏麺」は何れを頂いても美味しい。 久し振りに御会いした高名な「ラの方」も「外せません」と仰って居ましたが、「ですよねぇ~」。 ベースのスープは鶏テイストに白胡麻の味わい…そんな簡単なテイストでは無いのは当然。 抑制の効いた甘さ/酸味、痺味や醤油感のレベルが閾値で、巧みだな~。 平打のウェイビーな麺が鴬色なのは、小松菜を練り込んだからだそうだ。 具は豊富でオニオン、蘖、貝割迄は判ったが、韮や搾菜は気が付かなかった。 貝割の下の御団子は「鶏そぼろトマト煮」だそうだが、此れが秀逸。 味わいは勿論だが、やや細かい固さを残した喰感が素晴らしい。 此方だけでも沢山の素材が籠められて居て、仕込が大変だろうなぁ。 飾られて居るソースは「桜味噌」と伺ったが、そんなに甘さが強調されて居ないのが憎い。 此れと十八番の薫る自家製辣油との組み合わせが、最高。 毎年頂くが、感激も新たに…と云う一杯。 完喰は勿論、ソース・スープ迄全部イッた。


前夕の海景色をもう1枚。
饗 くろ喜@秋葉原 其の88-3
此方はトリミングだけなので、富士山、判るかな?

トイ・ボックス@三ノ輪 63回目2017/07/20 23:23:00

祝日の翌日の火曜日はお休み、忘れて居た… で、木曜日に再訪麺。 普段なら霜降詣の曜日だが、カボちゃんの体調を考慮して三ノ輪へ向かった。 暑いぃ~、味噌ラーメンの心算なのに決意が揺らぐ。 でも、券売機を前にして、もう一度心を決める。

トイ・ボックス@三ノ輪 63回目-1
で、久し振りに「味噌ラーメン」。 「並んで居る内に気が変わるんじゃなかったんですか?」とガイキチさん(笑)。 頂いて見るとヤッパ美味い。 仄かな酸味とそっと遣って来る甘味を含んだ味噌…気温に左右されない美味しさ。 パセリオイルの役割を冬以上に実感。


トイ・ボックス@三ノ輪 63回目-2
前夕の海景色。 XZ-10 で撮った淡い富士山を目一杯レタッチして遊んだ。