飯田商店 32回目2016/08/21 01:01:00

此処2,3日悩んで居た。 何時、どう遣って湯河原を訪ねるか、を。
飯田商店 32回目-3
限定の「秘伝豆乳と酢橘の冷やし麺」を狙って居たのだが… スケジュール、天気等を彼是と考え合わせて、結局、限定最終予定日に下りの電車に乗った。 飯田さんのツイートでは「前日で終わり」の可能性も感じられたが、「御終い」の呟きも無かったので、大丈夫と踏んだ。 次の懸念は「売り切れ」だが、雨予報も有り、長くは待ちたく無い。 で、最初の整理券配布時刻の8時に20分程の余裕の電車を選択。 駅から急いで歩いて、4番目に接続。
飯田商店 32回目-1
前の御嬢さんが「雨が上って良かったですね」と声を掛けて下さる。 もっと洒落た対応が出来れば、展開も違ったかな(笑)。 整理券の配布時にスタッフの方に「限定ですか?」と訊かれて安心した。 矢っ張り、此日も有るのね。 車では無かったので、3時間を潰す計画は万全(笑)。 10時50分に無事に戻って来ました。 あれ、「限定」の釦が押せないんですけど… 其れが飯田さんの耳にも届いて仕舞い。 「スミマセン1100円」ですって、あらら恥ずかしや。 事前情報だけで安心せずに当日情報もチェックしなくては…

飯田商店 32回目-2
うわぁ~美味しそう… 美人と云うよりは其の可愛いルックスに、箸を付けるのが躊躇われる感じだ。 麺を少々摘まみ出して口にすると小麦粉の風味に被さる酸味が思った以上にパワフル。 「酢橘酢」だそうだ。 秘伝豆の提供も湯河原の老舗豆腐屋さんとの事で、湯河原をテーマにした作品と思われる。 スープのベースを担う豆乳が綺麗な鴬色なのは、此の特別な豆由来なのだろう。 更に枝豆のペーストも加えて居る、と念が入って居る。 醤油は白醤油を使い植物だけの素材を調和させる一助にして居る。 で…、山葵で有る。 前述した様にフレッシュな酸味を結構効かせて居るのだが、其の手綱を取るのが山葵だ。 酸味と山葵は対味では無いが、アジャストさせる事が出来るんだ… 勿論、単に両者を交ぜてもこうは行かないのだろうが、其処は飯田さん、なので有る。 感心仕りました。 鏤められて居る海老の天麩羅、非常に美味。 前述した酸味と対峙するのは寧ろ此方なのかも知れない。 茄子、ミニトマト、枝豆、胡瓜に風味高い海苔(高級そう)が配らわれて居るのが、楽しい。 「何を造られても美味しいですねぇ~」と脱帽の台詞で辞去。 更に週末迄提饗が延長されたそうで、多くの方に召し上がって頂きたい物だ。

あわよくば、巣鴨へ廻ってリニューアルした「蔦」の一杯も…とか思ったのだが、流石に此日は整理券の尽きるのも早くて、断念。 亦、祐貴君の顔は見られず、でした。

饗 くろ喜@秋葉原 其の782016/08/20 01:01:00

夏休み明けの「くろ喜」の夏麺第6弾は「鶏塩つけそば」。
饗 くろ喜@秋葉原 其の78-1
黒木さんのブログに依ると金曜日からの提饗予定だったのだが、其れはミスだった様で、木曜日からと改めて告知が有った。 でも、もう遅く為ってから其れを知ったので、到着した際には既に20数名の方がいらっしゃった。 陽射の無いタイミングだったのはラッキーだったな。 提饗の回転は凄く良いのだが、一部の御客様の回転が悪い…のは、「配慮」とか云う概念の無い某国の国民性なのだろう。 最初に入店した4名(「代表待」をして居た様で、悶着が遠望された)が出て来たのは、小生がトップ4に為った位のタイミングだったもんねぇ~

饗 くろ喜@秋葉原 其の78-2
「『紫』が休んでるんで、此の麺、喰べられないですからね~」と小生の心を黒木さんに読まれましたが、レジャンデールのパキポキの細麺は逃せない。 だから、遅く為っても初日に遣って来たのだ。 先ずは…で始めた麺喰が進み過ぎてヤバイ。 本当なら青菜(韮みたい)から胃の腑に収めるのが血糖値の急激な上昇を抑えるのに効果的…だそうだが、矢っ張り、麺から行っちゃう。 鶏腿肉は酒塩煮だそうだが、柔らかくて適度な味付けが上品で旨い。 特筆して置きたい、此のメンマ… 始めて頂くのかな、「生メンマ」だそうだ。 筍とどう違うんだか不明だが、フレッシュで…そう確かに支那筍なので有る。

饗 くろ喜@秋葉原 其の78-3
ドライトマトが日の丸見たいな付汁。 今回の作品はエレガンスが底流に有るイメージで繊細な儘で鶏の旨味を深めた塩。 此の中に鶏肉のホワホワな「捏ね」や早くも煮大根が仕込まれて居る。 大根が冬の其れの様に良い味わいで、華麗な塩とのマッチングが最高。 此の昆布風味の大根、本当に美味い! 拍子切りの葱は、ずっと昔に藤沢で頂いた「あの葱」見たいで懐かしくて、いいなぁ。

あ~、もう一度頂きたいのだが、此れに限って提饗期間は3日間限りなのだ。

燦燦斗@東十条 其の3052016/08/19 01:01:00

忘れずに持参した、携帯タイプの蚊取線香。 電池式は効果が薄いので、確り火を付ける古典的な線香だ。 巻が小さいので2時間しか保たないが、まぁ充分。 点火をする前から藪蚊共が寄って来る。 足元に置くと一定の効果は有るのだが、風の加減で煙の漂わない隙を狙って来るので、油断為らない。 其れでも並んで居る他の方よりは苦労が少なかった…筈。 其れにしても皆さん悪戦苦闘。 一度、駆除に乗り出しては如何かしらん(笑)。

燦燦斗@東十条 其の305
今回も「ラーメン」。 美味いラーメン… もう其の一言で充分なのでは無いだろうか。 此月も御所様とはタイミングが合わなくて、御目通りが叶わない。