弘経寺@常総市2016/09/23 01:01:00

ラーメン屋さんの「人生」に迎えに来て呉れたのは、地元の「石塚タクシー」。 流石に狭い道迄良く御存知。 最短距離で「弘経寺」に連れて行って呉れた。 其のルートは当に散歩と決めて居たルートだったが、篠突く雨では諦めざるを得ない。
弘経寺-02
季節は違うが、ストビューから借用(ってか、こんな処もグーグルカーは走って居るのね)。 歩きたかったな… 此日の2番目の目的は、此の「弘経寺」の彼岸花。 まぁ、彼岸花の群生は珍しくは無いのだが、丁度「秋分の日」なので撮って置こうと。 OM-D E-M5MarkⅡは雨に強いので、レンズも防滴の物を2本用意した。 だが、小生のボディは雨を苦にする。 況してや、風邪菌が居付いて居るのだ。 持参した雨合羽を被り、蛮勇を揮って雨中に飛び出す。

弘経寺-03
暗い空だが、恰も其処にスポットライトが当って居る様に撮って見た。(「3:2」にトリミング)

弘経寺-04
雨水が付いた処が白く写るのが面白くて寄って見た。

弘経寺-05
「普通」に撮ったフォト(笑)。

弘経寺-06
PLフィルターを忘れた…

弘経寺-07
意外に難しかったなぁ…


弘経寺は15世紀創建の由緒有る古刹で、秀頼に嫁いだ家康の孫、千姫(秀頼の従妹にも当るが)所縁の寺としても知られて居る。 此日のメインイベントは此方。
弘経寺-01
残念乍、撮影が許されて無かったので、ポスターだけで… もう8回目を数える演奏会(「響流十方(こーるじっぽう)」とは命名の妙)そうだが、初めて伺った。 雨に祟られたのは初めてとの事で… 今回は森さんがオルガンでは無く、ピアノを担当されて居る。 MCを含めて、「らしさ」満開で大いに楽しめたし、力量充分な演奏が本堂を満たした。 御寺で聴くバッハやシューマンはコンサートホールとは違った趣が深い物だ。 最初のゴセックのガボットは、小生が半世紀以上前に演奏会で弾いた曲。 あの儘、ヴァイオリンを続けて居ても野末さんの様には為れなかっただろうが… 珍しい曲、不思議な、でも息の有ったアンサンブル、アドリブや滅茶振りも何の其の…いやいや、全てに達者な皆さんで、充足感、爽快感たっぷりの演奏会でした。 「ハウルの動く城」やら秋の童謡迄鏤めてのフィナーレは「赤トンボ」。 想い入れたっぷりに唱和して来ました(笑)。 うん、矢っ張り、来て良かったのだ!

人生@水海道2016/09/22 23:23:00

10日間天気予報を眺め乍の悩みは出発直前迄続いた。 玄関を出た時の雨の勢いにもう一度逡巡したが、珍しくタクシーを呼んだ(往路で使う事は殆ど無い)ので、最後の意を決して乗り込む。 目的地は前年の水害の記憶が鮮明な常総市。 悩んだのは再びの水害では無く、己の体調。 行けば風邪が悪く為るだろうと… 水海道へのルートは検討の末、東京駅からのバスと決めた。 最初の目的地へのアクセスが徒歩圏内と云うバス停迄運んで呉れるからだ。 大雨の中、バスは予定よりも10分も早く水海道駅に到着。 新たな客は乗せないので、時間調整をする事も無く「豊水橋」を渡る。 最初の目的地は「人生」。 此の界隈では名の知れたラーメン屋さん。
人生@水海道-2
此の有名な信号機が見える様に右側の席に座ったのだが、10分の早着だった事も有り、既に営業中を示すグリーンライト。 良かった… 更に近付くと、丁度開店のタイミングだった様で、多くの御客様が入店するのが目に入った。 豊岡のバス停は橋よりも大分先に有るので、数分掛けて戻る恰好に為る。 ストビューで予習を重ねたので、細道も迷わずにアプローチ。 カウンターに1席空きが有り、其処へ案内されるが、直ぐにウェイティングチェアが埋まり出したので、良いタイミングだった。 早かったバスに感謝。

大層な名前の御店だが、店内随所(丼の底にも)に拘りや人生訓?が掲げられて居る。 店名を冠した「人生ラーメン」(450円)は「人生を賭けた」そうだが、所謂「掛け仕様」で具が乗らない。 一寸、物足りない気分も有って、具が乗る「ラーメン」にした。
人生@水海道-1
思った通りにノスタルジックな出汁感の有る鶏ベースな醤油の味わいで、やや塩分と化調を感じはするが、すっきりしたテイストで美味しい。 随分と細麺だが、ややウェイビーであっさり味のスープとの絡みも上々。 「伸び」が早いので、もう少し固目でも良いかな。 いや、加水率に関わるので、其れは意味ないかも… チャーシュウは薄いが香ばしくて好み。 具の有る一杯にして良かったかな。 若布が香味油に合わない… いや、合わない若布を選ばれて居る様に思う。 磯香が妙に乗るので、折角のスープを損なう様に感じる。 御好きな方にはそうは取られないのかも知れないけれど。 「人生ラーメン」はスープも違う様なので、次回は此方かな…って、何時の話(笑)だろう。 タクシーを呼んで頂けるか伺うと、直ぐに迎えに来て呉れた。 自分で呼ぶなら此処と予習して置いた御近所のタクシーでした。 次の目的地迄は2.4キロ。 晴れて居たら良い散歩コースだったのだが…

燦燦斗@東十条 其の3072016/09/22 01:01:00

そうでした、18日は燦燦斗の10周年でした。 カレンダーには入れて有るのに… 颱風が置いて行ったのは青空では無くて、涼しさだった。 朝は快適だったが、夕方の東十条の風は冷たく思える程だ。 其れでも未だ藪蚊は跋扈して居り、持参した蚊取線香が威力を発揮。 何時もの様に17時50分に後藤さんが暖簾を掛けて下さる。

燦燦斗@東十条 其の307
此夜もラーメンを御願いした。 少しインターバルが空いたので、懐かしく思えて仕舞う。 10年守って来た此のテイストに間違い等、有ろう筈が無い。 魚介豚骨醤油のスープと自家製の太麺の完成された組み合わせは、比肩する丼の無い一杯に仕上った。 そして、ローストポーク。 矢っ張り、此は毎週頂きたいよね。 スケジュールをアジャストするのは大変ですが… 翌週は3ヶ月振りに御所様に拝謁の予定。