ムタヒロ本店@国分寺 19回目2016/12/01 23:23:00

こんなイベントが無いと来なく為って仕舞ったムタヒロ。 牟田さんも経営者としての仕事が多いのだろう。 店舗で御目に掛かる期待は薄い。 昔、1号店(しか無かった)で、牟田さんとヒロさんの御二人から数量限定の「鶏そば」を頂いて居たのが、懐かしく思い出される。 此日は開店前に到着すると、店外にも強い煮干の匂いが漏れて来る。 そうだ、此処は「ワハハ煮干そば」の店だった。 定刻に元気良く開店。 成程、御店のポリシーが良く守られて居る。 久し振りに「本店」に入ったけど、変わって居ないのが嬉しい。 此れもショーゾーさんに教えて頂いて居たのだが、「専用の喰券は無いので、1000円のチケットを買って申告する」。 スタッフの御嬢さんが紙エプロンを渡して呉れた。 スーツ姿には嬉しいね。 「ムタヒロ」伝統の「良い接客」がきっちり維持されて居て好感が持てる。 ややフランクなのも店のイメージを損なっては居ないだろう。

「キタノ支那そば」が作品名。
ムタヒロ本店@国分寺 19回目
矢っ張り、丼をグッと持ち上げてスープを啜る処からスタート。 おぅ、此れは「和」のテイストだ。 煮干香漂う店内で孤高の節(鮭節なんだろうな)の甘さを湛えて、鶏(山水地鶏なんでしょう)や昆布(羅臼だよね)風味も充分な醤油スープ。 「良いねっ」と声に出したい位だ。 合わせた麺は直線的細麺。 特筆すべきは其の舌触り。 随分とスベスベな印象でストストと喉へ落ちて行く。 小麦粉の風味が慌てて追って来ると云うイメージ(笑)。 豚と鶏のチャーシュウの他に炙鮭のスライスが加わる。 スープテイストとのシンクロなら、矢張、此れが一番。 勿論、2種類のチャーシュウも美味しい。 白葱にも鮭節が乗せられて居るのも先立つ馨りに貢献。 穂先メンマや三つ葉にも手抜が無い。 流石に「ムタヒロ」、遣りますね~の一杯。 御馳走様でした。

革靴には床が滑り易いかも…

戸越ら一めん えにし2016/11/30 23:23:00

此日の昼休みは戸越銀座迄足を延ばして(意外と近いのね)、「えにし」に伺った。 何度も店名を耳にして居た名店だが、未訪だった。 今回はスタンプラリーの一杯が目的。 此処迄来たら…いや、「四ツ葉」さんは無理かも(笑)。

「北海道新小麦の3るくらーめん」と云う名称から伺うのを一番躊躇って仕舞ったのだが…
戸越ら一めん えにし-1
「海のミルクと言われる牡蠣」「牛乳」「豆乳」で「3(み)るく」だそうだ。

戸越ら一めん えにし-2
矢張、此の色に為りますね、白湯仕立です。 ソフトなタッチのスープには野菜の甘味や貝柱のニュアンスが溶けて居る。 マイルドにシフトし過ぎない様に、とブラックペッパーを用いた辺りにも巧みさを感じられる。 盛り上げられた牛蒡の素揚の更に上に乗せられて居る3つ(象徴的な数かな)の実は何? ブルーベリーの筈は無い…と、そっと摘み上げて口に運ぶ。 「ハスカップの酢漬」だそうで…おぅ、スパイシーなテイストインパクト。 牛蒡の下には少し炙った帆立が置かれて居るが、此処からの味わいがスープに貢献。 もうひとつ隠れて居るのは、牡蠣ですね。 其れも燻じて有る様だ。 帆立と競合せずに香りを働かせ様と云う計算、素晴らしい。 麺は平打の中太。 小麦風味を少し抑えて白湯スープとのバランスを上手く纏めた感。 御店主の力量は相当な物と御見受け(スミマセン、偉そうで)した。

燦燦斗@東十条 其の3112016/11/30 01:01:00

月に一度の恒例、御所様拝謁の日。 今回は懐かしい御顔がもう一人。

燦燦斗@東十条 其の311-1
ビールで再会を祝して。

燦燦斗@東十条 其の311-2
此の最高のローストポークで頂くビールは格別。 実に美味い…

御所様が「煮干嫌いでも、是非」と勧めて下さったのは、「塩 中華そば」。
燦燦斗@東十条 其の311-3
確かに煮干を感じるが、所謂「煮干ラーメン」では無くて、幾つもの味要素のひとつとして、突出する事無く、均整・調和が取れて居て、スムーズなテイスト。 勿論、刳みや臭み等とは無縁で、此れは美味しい。 こう云う煮干の味わいは寧ろ好きなのだが、中々御目に掛からない。 「弩煮干」を御好みの方には向かないのかも知れないが、洗練された味わいを御好みなら、イチオシ。 御所様は小生のスープの飲干具合を覗き込み、したり顔で「だろぅ?」と満足気。

御二人から最新、時効間近?の際どい情報等々…聞かせて頂き、有意義で楽しい時間でした。