西尾中華そば 其の2332011/11/09 01:01:00

2週間弱の予定で香港に出張される西尾さんが、出発前に最後に厨房に立つ日。 ブログに依れば、ほろほろ鳥のスープの作品を造られるとか、更に秘密の作品も有る…等、思わせ振りな記述も。 で、「行ってらっしゃい」を伝えに霜降に罷り越した。 前夜にニカイに伺って、幾つかの試作?の摘みを頂いたが、今後の摘みのメニューやアルコールの品揃えを見せて頂いた。 ニカイは居酒屋営業風にシフトさせるそうで、 naginicai の頃の様に豊富な摘みのラインナップが嬉しいし、ワインも再開する様だ。 渋谷の本店もワインを入れると生田さんから伺って居るし、楽しみが膨らむ。 以前の渋谷のメニューは沢山の品揃だったからなぁ。 「爆弾御飯」とか、亦、喰べたいなぁ。

西尾中華そば 其の233
西尾さんのこの日の限定作品は3種類。1.海老中華そば 2.煮干中華そば 3.「涙ほろほろ鳥中華」だ。 一番好きな鶏、と云う事で「涙ほろほろ」を御願いした。 たはっ! 此れも超美味しい。 ほろほろ鳥がどんな鳥なのかは知らない(欧米では「喰鳥の女王」と迄呼ばれて居るらしい)が、日本では余りポピュラーでは無いだろう。 尚、この名称は鳴声がこう聞こえる事に由来する。 コラーゲンっぽい粘度の有るスープは、鶏の滋味が詰まって居る。 凝縮した鶏の味わいだし、スープの比重も高い。 にも拘わらず、スッキリした味わい。 素材が良いのか、腕が良いのか…まぁ、両方なのだろうが、西尾さんは素材の良いポイントを上手に引き出される。 やや、濃い塩テイストにシフトさせて居るのも巧みだし、鹿児島産の柑橘系七味で有る「ひらめき」のピリ辛具合が素晴らしい。 鶏肉は、手前から、ヒレ、腿、胸の順。 何れも美味だが、特にヒレが好みかな、腿も良いけれどねぇ。
では、御気を付けて… 生田さんとの二人旅を楽しんで来て下さい。

今日のめじろ 其の6102011/11/09 23:23:00

この日の昼は、めじろ。 最近は昼も夜も来られて居ないので、2週間振りの訪問と為って仕舞った。 昼休みの弩真中で、賑わって居る。 丁度1席だけ空いて居て、ラッキーだ。 厨房の二人の息はピッタリに思える。 無駄口を叩かずにキビキビとしたアクションは気持が良い。 二人ともフル回転で手が廻らない状況だが、水のグラスが無く為ったトレイが複数有る。 此れは気を配って欲しい点のひとつだ。

今日のめじろ 其の610
御願いしたのは、醤油ラーメンに焦がし葱のトッピング。 小生の定番。 スープの味わいは、以前に比べて少し香草と云うか薬草の風味が出た。 此れは好きゞの問題だろう。 和風な醤油のジェントルな味わいは其の儘だが、幾分大人しく為った印象。 麺は喰感、喉越共に合格点で、相変らず良い自家製麺だ。 チャーシュウとメンマは少しコストダウンの対象に為った様にも感じた。 この週も金メジには顔を出せそうも無い。 夜のラーメンの時間が取れないのは、ボディには悪い事では無いのだが…

今日の渦 其の4122011/11/10 01:01:00

最近は夜に時間が空くのが、月曜日だけって事が多い。 渦は定休日… で、翌日、頑張って見たら…(泣) で、この週も伺え無いと覚悟を決めた水曜日。 予想よりもずっと早く、19時に上がる事が出来たので、濃い常連さんにメールを入れて、湘南ライナーに乗り込む。 20時30分にアタフタと到着すると、常連の皆さんが奥のカウンターを空けて待って居て下さった。 嬉しいなぁ! 此処に座るのは随分久し振りな気がする。

今日の渦 其の412-1
ビールで喉を潤して、
今日の渦 其の412-2
カロリーの高そうなメルティなチーズを掛けたフレンチフライを頂く。

今日の渦 其の412-3
セラーからエル・マセットを取り出して、常連さんに手伝って頂いて、1本空ける。 このヴィンテージに為ってから、柔らかいタッチが増した様で、良い感じだ。

今日の渦 其の412-4
更にヒナダレを喰して益々体重の増加に努める。(翌朝、測ったら、1日で300g増えて居た(汗))

今日の渦 其の412-5
久し振りで麺抜では帰れないので、オーダーストップのタイミングで、醤油らぁめんのハーフを御願いした。 小生のベースラインの場所のひとつはやっぱり、渦。 そして、この醤油味だ。 藤沢めじろにルーツを持つ、麗しくも優しい醤油テイストに適度なインパクトが与えられて居り、此れが全体の味わいを凛とさせて居る。 この一杯の存在が有り難い秋の夜。