爐@札幌2011/11/01 23:23:00

久し振りの出張で札幌に遣って来た。 札幌に来たら必ず寄るのが、此処。 前職の頃は良く来た物だが… 札幌駅の直ぐ近くのビジネスビルの地下に、この一軒だけが営業して居る。 実に味気無いロケーションなので有る。 まぁ、こんなロケーションだからこそ、出張時のランチに向いて居るのだが。

羽田空港からの富士山。
爐@札幌-1
この日は絶好のフライト日和で、鳥瞰図を見る様な眼下の景色で有ったが、丁度正午に入店。 北の都の背広族と一緒にカウンターに収まった。

爐@札幌-2
とても喉が渇いて居たので、ビールを御願いして仕舞う。 お、「クラシック」の瓶。 流石にサッポロの地元と云う訳だ。

爐@札幌-3
扨、此処のラーメンは一寸有名だが、其の理由はこの色だ。 濃い焦げ茶色だが、真黒に見える。 とは云っても、醤油ラーメンの黒いラード(マー油では無い)の膜の下は、ベージュ色のスープに為って居る。 焦がしたラードなんぞはこの歳で口にしては為らないのだが、懐かしく美味しい香ばしさが御腹と心に染みる。 前回味わったのは何時だったろうなぁ? 豚骨醤油の味わいは黒い色程にコンクでは無いし、有り勝ちな大蒜の風味も然程には強く無く、其れが良いのだ。
麺は中太の縮麺。 所謂玉子麺で、何とも云えぬ北海道気分だ。 茹で加減がやや緩い物の、悪く無い印象だ。 玉葱や蘖がたっぷりなのも小生の好みだ。 チャーシューも際だって何がどうと云う事では無いのだが、ボソっと感が程々で良い味わいを持って居る。
最近は「富山ブラック」等、黒さを売りにして居る御店も少なく無いが、此処は小生が生まれた頃から真っ黒(特にスペシャル)だそうだ(笑)。 うん、次回の訪問は何時に為るのだろうと、暖簾を振り返り、振り返り階段を上った。

國光@薄野/札幌2011/11/02 01:01:00

札幌の皆さんと北の幸を肴に一杯、二杯…

國光@薄野/札幌-1
其の後、素敵なワインバーで、クロデュバルはスタッグス・リープのCS。 魅力的なソムリエールさんが御二人。 楽しい薄野の一夜だった。

駅へ向かう途中で「ラーメン横丁」のネオンを見つけて仕舞った。 フラフラと誘われる様に…入ったのが、この御店。 御店主と奥様が御若く見えたからかな。
國光@薄野/札幌-3
頂いたのは味噌ラーメン。 醤油がメニューに無かった事も有るが、札幌と云えば味噌だよね。 しかし、少々札幌らしく無い独特でライトな味噌の味のスープだ。 やや甘いのだが、辛味も有る。 生姜だろうか? メニューには辛味噌とか激辛とかも有るので、辛味は御得意なのかも知れない。 野菜も豊富に使われて居るので、其の甘味との兼合が中々だ。 キャベツがスープに潜んで居るし。 恐らく化学調味料は使われて居ないのだろう。 後味もスッキリして居る。 麺は北海道らしく中太の縮麺で、香りも適度に良くてスープとのマッチングも上々だ。 柔らかいチャシューは煮豚だが、味が良く滲みて居て美味しい。

國光@薄野/札幌-2
サッポロビール迄飲んだので、流石にスープは完飲出来なかった。 折角、薄野迄来たのだから、ラーメン横丁に伺えて良かったけれど、満腹だねぇ。

志のぶ本店@仙台2011/11/03 01:01:00

札幌から仙台に向かった飛行機は50人乗りの小さなボンバルディアのジェット機。
志のぶ本店@仙台-2
乗客は20人程だ。 両空港で沖止めするので、久し振りにエプロンを歩いたなぁ。 仙台空港には津波の痕跡は無いが、海岸沿いの防砂林は薙ぎ倒された儘だし、松林も茶色く枯れて居る。 アクセス線と云う鉄道が敷かれ、30分(急行なら17分)で仙台駅に着く。 便利に為った。
市街で最初に向かったのは牛タン屋さんでは無くて、やっぱりラーメン。 評判を漁って、此処に決めたのだ。 仙台駅から15分位の距離を歩いて見たが、開店時刻前に着いて仕舞った。 行列店と伺って居たのだが、開店時刻迄にはもう御一人が加わっただけ。 処が開店と同時にワサワサと人が集まり、あっと云う間に満席。 でも、行列には為らずに、其処で一度客足が途絶える。 で、小生が席を立った頃に亦、次々と御来店。 なんて、効率が良いんだろうと感心した。

志のぶ本店@仙台-1
シンプルなメニューから、チャーシュー麺を選ぶ。 ボソボソの古いタイプと聞いて居たからだが、確かにシニアには懐かしい昭和のチャーシュー。 とても歴史の有る御店(創業は大正12年)だそうだが、確かにスープも古の味… でも、古臭い訳では無くて、サッパリとした醤油ラーメンに生姜が香る。 前夜の薄野の一杯とは違って、この生姜は確信が有る。 待って居る時から漂って居たもん。 麺は細麺でストレート。 このスープにピッタリで流石に美味しい。 柔らかいとの記述も見掛けたが、丁度良い茹で加減だ。 生姜なので、連喰すると3日目位には飽きそうだが、亦1週間すると喰べたく為る。 そんな作品だ。 此れで750円、中華そばや冷やし中華なら500円だ。 短い滞在でこの店を選んだのは、ファインプレイだよね、と自己満足。
仙台は牛タンと共に冷やし中華が名物で、年中「始めました」状態。 次回は老翁の「冷たいの」(皆さん、こう云う)を頂きたいなぁ。 其れ迄、御元気で。