食堂酒場 グラシア 其の52014/10/26 01:01:00

F1日本GPに行かれて居たシニアワインエキスパートのCさんが、御土産を下さると云うので、グラシアへ御連れした。 此日に行われた神田界隈のワインイベントも考えたのたが、当日券の発売を中止する程の混雑に嫌気。 土曜日のグラシアは賑わうので、前回よりも更に早く、16時過ぎに扉を開ける。 「どんどん写真を撮って下さい」とマスター。 そうだった前回はノーフォトだったっけ。 ラーメン屋さんでは撮り忘れる事は少ないのだが、レストランではワインボトルしか撮らないので、料理のフォトはついミスる。 美味しい料理が並べば、直ぐに喰べたくて、更に忘れる。 此夜ものっけの鶏の一皿だけで無く、幾つものフォトが記録されて居ないかも(汗)。

食堂酒場 グラシア 其の5-01
乾杯はビール…いや、マスターが勧めて下さったCAVA、セグラヴューダス。 最初にサービスして下さった秘密の鶏は嬉しくて、美味過ぎて、あっと云う間に御腹に収まった。

食堂酒場 グラシア 其の5-02
行き成り、本日のスペシャル。 新湊から直送された紅楚蟹。 剥身と蟹味噌がセットで、味は濃いし、フレッシュだし…剥いて有るのが嬉しい(笑)し、此れは美味也。

食堂酒場 グラシア 其の5-03
此れには日本酒でしょう、と勝山酒造の「LEI SAPPHIRE LABEL」。 重みの有る確りとした甘さだが、揺蕩う様な怪しさを秘めて居る。 矢っ張り、只物じゃあ無い酒だ。 因みに「LEI」の漢字は「零」と「鳥」を組み合わる。 漢字コードはアサインされて居ないが、「鶴」や「鶺鴒(セキレイ)」の別名と辞書には有る。

食堂酒場 グラシア 其の5-04
1本目のワインは何時もの井筒ワインのメルロ。

食堂酒場 グラシア 其の5-05
2本目は五一ワインの塩尻メルロ。 青いメルロと云う印象で、樽香の中に若々しさが覗ける様な印象だ。

食堂酒場 グラシア 其の5-06
小生の大好きなベークしたカマンベールチーズ。 実に佳い。

食堂酒場 グラシア 其の5-07
茸が一杯…実は少し喰べてから慌てて撮った。 秋の季節感がいっぱいだ。

食堂酒場 グラシア 其の5-08
看板メニューの「四日市トンテキ」。 ジューシーな肉汁と濃厚なソースのコラボが堪りません。 肉厚なのにサクッと頂ける。 店名に冠するだけの事は有る味わいに感激。

食堂酒場 グラシア 其の5-09

食堂酒場 グラシア 其の5-10

食堂酒場 グラシア 其の5-11
XZ-10 には更にこんなフォトが記録されて居たけれど、記憶がアルコールに溶けて… 鰹節が合うんだと吃驚したのは、クリームだったっけ? グラシアは美味しくて、寛げて、とても良い雰囲気で、つい長居をして仕舞う。 Cさんも気に入って呉れた様で、是非、再訪をとの事。 今回も締めのラーメンはパス。 ちゃんと御腹のスケジュールを組み立てないといけません。

コメント

トラックバック