今日の蔦 其の392012/08/18 18:01:02

夏休みの中日は、奥さんと東京宝塚劇場へ。 東京は凄まじく暑いのだが、其の後、18時に15分程の余裕で、ふたりで蔦に到着。 奥さんの蔦デビューで、勿論、気合でSP。 最近の蔦人気は本当にブレイクした。 前夜は売切閉店。 普段は木曜日に伺う事が多い。 其れは此の夜が比較的静かだからなのだが、もうこの法則は当てに出来ない。 此の昼も大賑わいだった様だが、幸い麺切、スープ切の憂目には遭わずに済んだ。

今日の蔦 其の39-1
普段は飲まない蔦ビールだが、奥さんに付き合って一杯頂く。

今日の蔦 其の39-2
チャーシュウ… 実は2皿頂いた。 旨いねぇ…

今日の蔦 其の39-3
奥さんに喰べさせたかった、水餃子。 此の柔らかい喰感と優しい味わいは傑出して居る。

今日の蔦 其の39-04
壱岐っ娘は小生が2杯、奥さんが1杯。

今日の蔦 其の39-5
奥さんが考えた末に選んだ主麺は、此れ。 「煮干と煮干の煮干つけそば」…、な何ですと!? 実は奥さんは煮干が大好き。 こんなカップルでも何十年も遣って行けます(笑)。 恐い物喰べたさ?(御免なさい)で、ノーマルに比べると濁った印象のスープを一口。 おぉぉ… 煮干風味が強烈だ。 でも、刳みと臭みが無いのは御見事。

今日の蔦 其の39-7
では、小生は「鶏と煮干の醤油つけそば」。 何時も頂く一杯だ。 クリアな醤油のスープを見て、安堵の吐息(何度も御免なさい)。 うん、矢っ張り小生には、此の程度の香り具合で充分だ。 改めて、作品名通りの味わいに納得して、首が縦頷。

今日の蔦 其の39-6
色白の佳麺は、フォトテイクした時の別嬪振りが際立って居る。 奥さんの方には、赤唐辛子が乗り、此方にはポアブルロゼを飾る。 細かいポイントだが、共にプチインパクトの有る喰材なので、大事なポイントだ。 長麺をスープに浸し、手繰るのは蔦オリジナルの楽しみかも知れない。 こんなに長~い麺は、他に無いもん。

何時ものペースで、飲み喰いして居ると丁度店内は満席気配。 頃会いや良しと御二人に別れを告げて、亦、翌週の御楽しみに想いを馳せる。

コメント

トラックバック