今日の蔦 其の412012/08/31 01:01:00

木曜日の17時56分。 祐貴君が開店時刻に4分早く暖簾を掛けて呉れた。 でも、ふたりと話が出来たのは3分間だけ、17時59分から18時5分の間に13名の方が到着。 勿論、あっと云う間にウェイティングチェア迄埋まって仕舞った。 其の後も、常にウェイティングチェアを含めて、フルオキュパント。 物凄い人気なので有る。 此の日の昼も、翌日も「凄く出た」ので、繁盛店/人気店のポジションは確立した。 喰材にも設備にも投資を惜しんで居ないので、「儲かって居る」のかどうかは知らないのだが(笑)…

今日の蔦 其の41-1
壱岐っ娘を2杯と摘みチャーシューを頂いて、御待ちの方が居らっしゃるのに、端の1席をデッドにして置くのは申し訳なくて、早目に主麺を御願いした。

今日の蔦 其の41-2
醤油のつけそば。 最近は此れを頂くのを兎も角、楽しみに巣鴨に詣でる。 長い麺は煮干風味のタレに浸されて居る。 此の煮干は、小生の様な煮干苦手でも美味しく頂ける。 刳みと臭みを殆ど感じさせないからだ。 大西兄弟の煮干は、洗練された美味さに満ちて居る。

今日の蔦 其の41-3

合わせるスープには、優しい和風の醤油が薫る。 煮干風味の施された麺と此のスープの組み合わせは、秀逸だ。
祐貴君と武田君が、時々密かに?交わすスマイルは、阿吽の呼吸の象徴。 此れが清々しくて、眺めて居ると和む。 スープと麺のコンビネーションの様で有る事を願って居る。 此の夜の御隣には、ロックンロールワンの竹岡さん。 偶然ですね(笑)。

燦燦斗@東十条 其の1792012/08/31 23:23:00

暑かった8月も晦日を迎えたが、相変わらずの気温。 東十条は34度に達したと云う。 そんな日でも伺うチャンスを得られた事を感謝しつつ、ラーメンを頂く。 益々暑く為るのだが、そんな事は厭わない。

燦燦斗@東十条 其の179
盛夏にこそ、此の魚介豚骨醤油の濃い味でパワーを得るのだ。 太麺もローストポークもメンマも貝割にも、味玉にも、全ての具材が力を持って居る。 そんな一杯を頂いて、扨、翌週も頑張ろうね。