ロックンロールワン@町田 其の892012/08/19 15:29:54

夏休みの間にドクターペッパーの作品を頂きに参じる予定だったのだが、此の日は裏メニューが有る。 過日、田制さんから伺って居たのだが、あの「カフェ」がつけ麺バージョンで提饗されるのだ。 「つけ麺になっちゃった器の中のカフェ」と云うのが、名称らしい。 ユウタと竹岡さんに用事も有ったので、此の作品を頂きに伺った。 普段よりも15分早く到着して、2番手。 直ぐに5人、2人…と集まり出して、開店時刻には20人程の長さの行列に為る。 此だけ長い行列を此処では初めて見た。 ドクターペッパーとカフェの両方を頼まれる方もいらっしゃるが、ノーマルな一杯だけの方も、と区々なのも特徴的。

ロックンロールワン@町田 其の89-1
扨、此がスープ。 ブラックペッパーでやや濁った様にも見える丼の底からは、矢っ張りコーヒーの香りが漂う。 先日の一杯がアイスコーヒーなら、今回は熱く薫り高い正統派の珈琲と云った処。 其れでも先日の冷やしバージョンとスープの味わいは、基本的には同じ様に感じる。 ブラックペッパーがコーヒーと醤油テイストを融和させると云うストラクチャー。

ロックンロールワン@町田 其の89-2
此方がカフェ本体。 流石にサンドイッチは乗せられて居ないが、ルックスは先日の冷やしと同じだ。 麺は花の季さんの小麦ヌーヴォー。 コーヒーゼリーを少しスープに落とすと、スープの温度であっと云う間に融けて仕舞う。 其れと共にスープのコーヒー感は増す。 残りのコーヒーゼリーとバニラアイスはキープして置いて、風味豊かな麺をコーヒースープに浸して頂く。 黒胡椒等の香辛料が、醤油とコーヒーのスープと小麦ヌーヴォーをもリンクさせる。 面白美味しいと云う面持ちだ。 ベーコンを頂いて、麺も無くなり、愈々スープ割を御願いする。 先ずは其儘頂いて、味わいを記憶。 次にコーヒーゼリーを少しづつ落として、コーヒー感が更に高まるのを実感。 そして、バニラアイスも投入すると、珈琲にミルクを入れたかの様だ。 スープが温かい所為で、コーヒーもミルクも前回よりも強く出て居た様に思う。 此の濃さに関しては好みなのだろうと思うが、小生にはコーヒー感は兎も角、ミルクは前回位のボリュームの方が合って居る。 楽しんで味わった2種類のカフェだが、個人的には冷たいスープの方かな。 冷やしつけ麺にして見たら、どうなんだろう? 其れじゃあ、前作と余り差別化出来ないだろうね。

コメント

トラックバック