今日の渦 其の4362012/04/01 01:01:00

嵐の土曜日。 夕方に為って漸く雨、風とも収まったので、渦に向かう。 翌日には常連さんの祝言を寿ぐパーティが有るのだが、どうにも出席が難しい状況に為って仕舞った。 其処で祝意のワインを芳実オーナーに預かって頂こうと云う次第。 亦、この夜はスタッフのY子ちゃんのフェアウェルでも有った。

今日の渦 其の436-1
奥のカウンターに持ち込んだのは、国産のワイナリーで小生が一番気に入ってる、「中央葡萄酒」/GRACEの「キュヴェ三澤(赤)」。 ヴィンテージは2007年なので厳しい年だった筈。 芳実オーナーに抜栓して頂いて、テイスティング。 矢張、デキャンタージュが必要だね。 カラフェを拝借して、丁寧に液体を移す。 其れでも些か非力な印象は否めない。 2001年のプライベート・リザーブ/カベルネ・ソーヴィニヨンを飲んだ時の感激が忘れられなくて、其後のグレイスのボトル達に厳しい小生なので有る(笑)。

今日の渦 其の436-2
タレ焼チャーシュウ。 渦の「ヒナダレ」は、大層旨い。 とても手が込んで居るのが、味わいに反映されて居るのだ。 もう小生自身が覚えて居ないのだが、前回、頂いた際に白髪葱を残したのを覚えて下さって居て、葱の種類を訊いて呉れたのだ… うむ、一事が万事。

今日の渦 其の436-3
翌日のパーティ用に芳実オーナーは、色々な準備をされて居る。 こう云う忠実(まめ)やかな処が、常連さんを増やして居るのだと思う。 で、そんなひとつが、このタルタルソース。 ソースと云うかサラダ見たいなのを、「ワインに合いそう」と出して下さった。 葱香がピリっと効いて居て、野菜の具合も程良くて… 此れはソースと雖も、ワインにフィットして居る。

今日の渦 其の436-4
此れを見た瞬間に、「主麺は上、摘みは下」と即決。 でも、フランクフルトは、あっと云う間に喰われて仕舞った…(泣)。

今日の渦 其の436-5

今日の渦 其の436-6
で、主麺はガッチリとオーダー。 渦のつけ麺は何時以来だろう? 何しろ、メニューからは消えて相当な時間が経つ。 久し振りなので、マニアックに喰べさせて下さい。 2/3は直喰。 其れも麺を頬張って、次にスープを直飲して… う~ん、生(き)で頂くスープは香草風味の濃い醤油に葱香…堪りませんなぁ。 細麺だが、腰も確りして居るし、パキっとした喰感は直喰に最適。 其れに柚子胡椒…もう、何をか云わん哉。 1/3は、ちゃんと正統的御作法で頂いたが、半々にすれば良かったと思う程に組合せが素晴らしい。 この細麺の隅々に滲みて行く様にスープ共々デザインされて居る。 むぅ、やっぱり、渦のつけ麺はスーパーだ。 通常メニューに復活して欲しい。

其れにしても、此処は小生のホームポジション。 常連さんと話すのも楽しいし、この夜の様にひとりでグラスを傾け乍、芳実オーナーやスタッフの皆さんの動きを眺めて居るのも大好きで、寛ぎの空間。

今日のワイン 其の7082012/04/01 02:02:00

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ イル・ポッジョーネ
BRUNELLO DI MONTALCINO 2005 IL POGGIONE

今日のワイン 其の708-1
Mさん御夫妻と World Wine Bar で飲んだ2本目は、ライトなブルネロ。 良く云われる様にブルネロには、確り骨太なタイプと華やかで優しいボトルが有るが、このボトルは後者。 実は小生は前者が好みなのだが、中々判別手段をマスター出来ずに居る。 何れにせよ、2005年は4★と悪い年では無いが、飲み頃に差し掛かったと云うタイミングだ。

今日のワイン 其の708-2
照明と明るさの加減で、カラーは見難い。 ガーネットとルビーの中間色の様に見える。 ブーケは赤い果実で、ベリーもチェリーもと、賑やかな印象だ。 一方で、ミントやヴァニラ様の香りに湿った樹皮とスパイスも少々有る。 口に含むとスパイシーで滑らかなタンニンのブルネロと云う感じだが、燥ぐ様な酸味が気に入らない。 少し苦いし、プラム(と云うより梅)の様な青い果実が有る。 率直に云って、少し薄い(厚みが無い)印象も否めない。
テイスティングで閉じた印象だったので、デキャンタージュして頂いたのだが、未だ開き足りないのか、此れが精一杯の実力なのか判然としない残念なボトルだった様だ。

今日のワイン 其の7092012/04/01 21:25:06

ヘイブンス メルロー ナパ ヴァレー
HAVENS 2005 MERLOT NAPA VALLEY

今日のワイン 其の709-1
神田のワインショップで購入。 めじろの代々木本店で力丸君と飲む心算にして居たボトル。 だが、めじろが夜営業を休止したので、自宅へ持ち帰ってひとりで飲んだ。 でも、このワイナリーはバンクラプトしたので、縁起が悪いから代々木で開けなくて良かったんじゃないかな(笑)。 エチケットのデザインが気に入って購入した気分なのだが、グラフィックデザイナーの奥様が手掛けたそうだ。 USのボトルは、エチケットに何が書かれて居るのかが小生にも判る。 涼しい南の地区の葡萄で欧州スタイルに仕立てたとの事。 セパージュは、94%のメルローに4%のカベルネ・フラン、そして1%のカベルネ・ソーヴィニヨンを加えて居るそうだ。 御呪(まじな)い的な比率だけど… 残り1%は何なのだ? (丸目誤差です)

今日のワイン 其の709-2
深くて濃いバイオレット・ルビーカラーだが、此れだけ濃いとガーネットカラーと云われても頷くしか無い。 序でに云えば、小生に取っては、ブラックチェリーとレッドチェリーも微妙で、時間の経過で両者が入れ替わる事も有る。 まぁ、小生の感想なんて、其のレベルだろうが、このボトルのブーケもレッドチェリーだと思うのは、パーカーさんがそう云うからなのかも知れないなぁ。 薄荷と煙草なら、セーラムの香りかな… 40年前の記憶だけど。 口にするとココアやエスプレッソの様な味わいもする。 タンニンは比較的穏やかで、小さく纏まったと云う感じをサポートして居る。 陽に恵まれた果実感と一寸だけ厚みの有るオークの甘味(もう少しシルキーで有って欲しいが)とバランスの取れた酸味。 全ての要素が少し物足りなくは有るのだが、揃っては居ると云うイメージだ。 この味わいは、小生には欧州では無く、カリフォルニア的に思える。
悪く無い評判のワイナリーでも倒産するのだから、良いワインを生産する事と経営を維持するのは、別物と云う事か…