撮って見た 其の442012/05/01 07:20:57

燈台草(トウダイグサ)
撮って見た 其の44-1
一際明るい葉の色の為、名前の様に路傍で目立つ。 以前程では無いが、比較的良く見掛けるのだが、踊子草やオオイヌノフグリ程には名前が売れて居ない。 大体、花が小さ過ぎる上に、黄色い花は黄緑色の葉に紛れて見えないので、人気も無い。 良く有る花と云ったが、植物としてはオリジナリティが沢山有るので、興味深い。 何時もは植物分類体系から話し始めるのだが、コイツの場合、話は長く為りそうだ。 トウダイグサ科は335の属(分類異説多し)を有し、7500種以上の植物を抱える。 この内、1500種程がトウダイグサ属に分類されて居る…と、此処迄にして置きたい。

撮って見た 其の44-2
上のフォト(アップにして輪郭を強調)の部分が、灯明の芯を浸す菜種油を入れた皿、即ち「燈台」の様に見えるので、此の名前が有る。 海を照らす灯台では無い… 鈴振花(スズフリバナ)の別名も有る。 此の花は2年草で、雌雄異花の極めて珍しい「杯状花序」を為す。 寄せて撮ったフォトなので、判るかと思うが、杯の形をした総苞(フォトの赤丸で囲んだ部分)の中に1本の雄蕊だけを持つ雄花がリング状に並び、其の中心に此亦、1本だけの雌蕊を有する雌花が1輪有る。 退化して花弁も萼も無く、蕊だけに為って仕舞った雄花と雌花が集まり、全体で1輪のとても小さな花の様に見える。 其の廻りに見えるのは総苞片の縁に当り、腺体(フォトの緑丸で囲んだ部分)と呼ばれる。 此処には蜜腺が有り、昆虫を招き寄せて居る。 一方で、子房(フォトの青丸で囲んだ部分)は、3室構成に為って居る。 此れに合わせて、柱頭が3つに分かれて居るのが観て取れる。 此等の「三数性」は単子葉植物の特徴だが、双子葉植物では少ない。 ね、有り触れて居る割に、珍しい構成の花でしょう? 毒性が強い事でも知られて居るが、白い乳状の草液に含まれる有毒物質のユーフォルビンは「トウダイグサ連」だけに有る。
トウダイグサ属の植物の中で一番有名なのはクリスマスを飾る、ポインセチアだろう。 中心を良く観るとアイツも変わり者だと知れる。


西洋芥子菜(セイヨウカラシナ)
撮って見た 其の44-3
細身の菜の花と思って居る人が多い西洋芥子菜(西洋辛子菜とも書く)は、アブラナ科アブラナ属の2年草。 和辛子の原料(種子)や葉野菜として栽培されて居る芥子菜の原種で、地中海沿岸原産。 日本には明治時代に伝わった。 一方、芥子菜は中央アジア原産で、原種が地中海付近から東進する間に交雑(油菜と黒芥子)して、此処に定着したと云う事だろう。 其れが弥生時代に日本に伝わった様で、木瓜の記事でも紹介した「本草和名」や「和名抄」に記載が有る。 原種の方は遅れに遅れて、明治の世にやっと本邦に辿り着いたと云う事らしい。 尚、小生は未確認なのだが、「栽培品のカラシナもセイヨウカラシナもDNA検査の結果、同一種と認定されている」との記述を見付けた。 此れが正しい情報なら、前述の話も変わって来るので、追跡調査を掛けて見よう。 畑で栽培されて居る芥子菜に比べると、此方は細くて背が高い。 花の似た西洋油菜との区別は「西洋芥子菜の葉の基部は茎を巻かない」ので、容易に付く。

飯田商店@湯河原2012/05/02 01:01:00

遂に機会を得て、湯河原の飯田商店を訪問。 渦の常連のTさんに強引に頼み込んで、連れて来て頂いた。 オジさん二人だけでは面白く無いので、渦のスタッフのRちゃんにも御願いして付き合って頂いた。 彼女が良く一緒して呉れたと有難く思う。 Tさんの車は大きいので、後席の小生は足をフルに延ばせる。 まぁ、短足がアドバンテージに為る事も有るのだ。 フットレストも装備されて居るし、VIP気分で踏ん反り返って居る内に渋滞も無く、湯河原に到着。 は?…と云う程の街外に有るのだが、車で行くには海岸に近くて便が良い。 開店の30分前に到着して、リヤビューミラーで他の御客様の到着状況をチェックし乍、車の中で驟雨を遣り過ごす。 店の横と前に駐車スペースが有るのも嬉しい。 目出度くSPで入店。 Tさんと御店主は顔見知りなので、初めての御店でも緊張感を持たずに着席。 後客は続々で、直ぐにウェイティングスペースも埋まり始める。 初訪問なので、迷わずに醤油らぁ麺を御願いした。

飯田商店@湯河原
!!っ、とても驚いた。 此れは美味い… 評判は予て耳にして居たが、正直、此処迄のレベルとは思って居なかった。 成程、此の味わいなら此のロケーションでも御客様は集まって来る。 美味しくて、其れが周知されれば、ロケーションの悪さは克服出来ると云う事を実証して居る。 町田のロックンロールワンと味わいに共通項が有る。 そう云えば、嶋崎さんの感謝状が掲げられて居るし、「大つけ麺博」では、ロックンのヘルプに御店主が来て居らしたな。 淡麗な鶏系醤油スープはロックンよりも、やや濃い味わいだと思うが、至高のテイストは、肩を並べるレベルに有る。 麺は自家製麺だろうが、やや平打の細麺。 御所様も絶賛されて居らしたが、良い麺だなぁ。 強烈な主張を感じさせる麺では無いのだが、内助の功でスープを際立たせる。 そう云った役割を全う出来る様にデザインされて居る。 チャーシュウは、ロックンと同じ構成だ。 イベリコ豚のチャーシュウは、肉の甘味が適切に出て居る。 一方で、サクっとした鶏チャーシュウは、スープの比内地鶏出汁や鶏油とのコラボレーションを楽しめる。 メンマは穂先メンマでは無く、千切にしたタイプ。 此れはロックンと違う処だ。
いやぁ、素晴らしい作品に大いに満足。 次回は限定10喰のつけ麺を是非、頂きに上がろう。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖2012/05/02 02:02:00

飯田商店で頂いた一杯の満足感を抱えて、VIPシート(笑)に収まる。 変わり易い天候の中、箱根、御殿場、篭坂峠を抜けて、山中湖へ到着。 ゴールデンウィーク中とは云え、平日なので道も空いて居た。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖-1
湖麺屋 Reel Cafe は、渦の芳実オーナーがプロデュースして、山中湖のテディベア・ミュージアムの館長さんが手掛ける、LAKESIDE NOODLE KITCHEN 。 渦とは違ったメニューのラーメンとスイーツの御洒落なカフェだ。 前週のオープニング・レセプションに参加出来なかったのは、とても残念だったが、1週遅れで連れて来て頂いた。 オーナーの高村さんに御話を伺うと、前日は大変な賑わいで、御客様との会話も儘ならない程だったとの事。 この日は、少し余裕の有る営業で、色々と御話を伺う事が出来た。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖-2
「レセプションに来られなかったので…」と、高村さんがこのワインを振舞って下さった。 有難く、運転役のTさんに見せ付け乍(笑)、頂く。 マスカットベリーAとブラッククイーンと云うセパージュの「杯中至楽」は勝沼醸造のボトルだが、レストラン専用で小売はして居ないと云う。 風光明媚なロケーションで、昼間から飲むのに誠に打って付けのボトルで、華やぎとポップな明るさが楽しい。 ストロベリーの酸味とラズベリーの甘さが溶け合って、フレッシュな魅力に富んだ1本。 有難う御座居ました。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖-6
丁度、富士桜(山梨県花)の小さな白い花が満開のタイミングだった。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖-3
渦のスタッフのRちゃんがフォトテイクをする後ろから1枚。
此れも此処ならではのポークで、山梨産のフジザクラポーク。 このポークは非常に美味しい。 シャクっとした歯応えと切れの良い喰感が心地良い。 ジューシーでやや濃い目の味わいが素敵で、頂いたワインにもピッタリだ。 ソースもこの豚肉の味わいを引き立てるテイストで流石に上手い。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖-4
主麺は正油ラーメン。 小豆島の生醤油に山梨のワインを加えて居るそうだ。 鶏と魚介の味わいが優しく滲みて来る。 細麺は腰の確りしたタイプで小麦粉の香りも適度に漂う。 前述のポークも乗って、淡麗なスープに浮かぶと亦、味わいの濃さが感じられる。 此れは風雅な作品で、ライトな和風の味わいは、矢張、このロケーションを意識した造りに為って居り、風景や雰囲気迄も取り込んで居る様だ。 御馳走様、大変御世話に為りました。

湖麺屋 Reel Cafe @山中湖-5
Tさんが頼まれた「豆乳味噌ラーメン-ほうとう仕立て-」とNちゃんの「板板麺-バンバンメン-」。 うーん、次回は何れを頂こうかな。 其れが何時に為るかは、Tさんのスケジュール次第(笑)だね。 帰り掛けにテディベア・ミュージアムで孫土産をゲットして渦へ向かう。