今日のめじろ 其の5132010/01/30 01:01:00

金曜日の夜、前週は伺えなかった「金めじ」に遣って来た。 早い時刻に伺った心算だったのだが、既に御所様は何杯目かのビールグラスを傾けていらっしゃる。 沖縄の御話、涙無くしては伺えない「江口閉店」の話題等々に耳を傾けるが、ラーメンの御話を御所様とするのは、小生には荷が重い。 其処へ FILE さんが到着されて、有り難くバトンタッチして頂く。

今日のめじろ 其の513-1

この夜はビールでは無くて、壱岐っ娘でスタートして居たのだが、勧め上手な祐貴社長にプッシュされて、セラーから1本。 キャンティ クラシコ ベラルデンガ 2007 フェルシナ… 此れは良いセレクションだ。 もう少し御目覚めタイムを置きたいのだが、祐貴社長がペース良く飲まれる。 この夜は、御座敷がもうひとつ控えて居たので、寧ろ助かったのだが(笑)…

今日のめじろ 其の513-2

頂いたチャーシュウは、ローストポーク。 祐貴社長の力量アップは著しく、このオニオンタレのチャーシュウは中々美味しい。 でも、キャンティを飲むと承知して居れば、タレ焼の方がベターかも知れない。 いや… 難しい処だな。

今日のめじろ 其の513-3

この夜の狙いは、「味噌カレ~つけめん」。 過日、昼に伺って、ハルヲさんと頂いた作品のつけ麺バージョンで、夜だけの提饗作品。 麺の丼には、チャーシュウが3枚、メンマに焦葱、そして白髪葱と糸唐辛子で飾られて居る。 其の麺は中太のつけ麺仕様。 此れも全粒粉の様で、斑模様が表面に有る。
スープは、温麺のスープよりも更にスパイシーだ。 温麺のスープで感じた「仄かな和風」は影を潜めて、エスニック感がアップ。 そう、此方は「味噌よりもカレーが前に来る」イメージ。 で、渦の「カレー和えそば」に一歩、寄った印象に為った。 でも、当然乍、合わせる出汁は随分違う。 「カシューナッツの鰹出汁溶き」も同じく付いて来るが、小生は此れでマイルドにアレンジする事は余りしないで、当てで頂いて仕舞う。 此れは偶々だろうが、先日、昼に頂いた時よりも鰹風味がずっと高い。
いや、美味しいな、このカレーシリーズは。

今日の渦 其の2792010/01/30 02:02:00

代々木の常連さんから「此れから渦ですか?」と訊かれて、「真逆」と答えたのだが…
自由が丘のパーティに顔だけ出して、30分程で引き上げる。 そう云うスタンスが一番、と云う会合?もこの歳に為ると少しは有る。
横浜へ出ると、東海道線はアクシデントで動き出したばかりと云うタイミング。 乗れ無い程に混む電車を何本か見送る羽目に。 何処かで一杯と云うには、もう御腹はフルだ。 で、暇潰しに(怒られそうだな)メールを… 返って来た返事には「此れから渦です」と有る。 で、「賭け」を…渦のオーダーストップ迄に「乗れる電車」が来たら、伺おう。 …と、次に来た電車は笑っちゃう位にガラガラ。 前の電車迄に「乗るべき人」は乗ったらしい。

今日の渦 其の279-1

で、22時30分の少し前に本鵠沼に到着。 代々木で、キャンティを頂いて来たので、白を所望。 此れなら、コアな常連さんにも楽しんで頂けるだろう。 大体、もう2,3杯しか入らないので、芳実オーナー初め、皆さんに手伝って頂く。 折角なので、ハーブローストポークを頂く。 屹度、豚の呪いでメタボるに違いない。

今日の渦 其の279-2

代々木の祐貴社長は勧め上手と書いたが、本鵠沼にも御一人いらしゃった。 いや、兄貴では無く、R子ちゃん。 前髪をカットしたヘアスタイルが可愛いと評判の彼女に勧められては、致し方無い。 一皿、更に頂く。 鶏の呪いで、メタ…(いや、もう良いね) 胸肉のカルパッチョ。 玉葱はN子ちゃんが担当して平らげて呉れた。 こんなにオニオンが敷いて有ったっけ。
あっと云う間に御前様に為ったが、ギタレレ(ギターとウクレレの不倫の子らしい)を抱える芳実オーナーと常連さんの楽しげな様子をカウンターから肩越しに眺めるのは、シニアの楽しみだ。 と、深夜のメールは嫁いだ娘から、「明日の昼喰は渦でしょう?」。 いえいえ、「未だ渦に居ます」って、「何時(なんじ)よ」状態。 翌日には新年会を控えて居るので、名残を惜しんで帰宅。 皆さんに見送って頂けるのは嬉しいものだな。