今日の piccolo zio 其の212017/06/02 01:01:00

本鵠沼に行く度にマッツンに会う様な気がする。 可愛い伊太車(痛車ではない)で買い出しに向かう姿は如何にも、彼な感じだ。 でも、御店に伺うのは久し振りに為って仕舞った。 前日、渦帰りに「明日、来ます」と宣言したのだが、会議が長引き、18時を廻って到着。

今日の piccolo zio 其の21-07
カウンターの紫陽花は大人のムード溢れる「未来」(品種)だろう。 マッツンの未来にこそ相応しい花名だね。

最初はライトなビールのカールスバーグを御願いした。
今日の piccolo zio 其の21-01
矢っ張り、此の季節のスターターは麥酒。 此夜のサポートはサーファーの御嬢さん。 此方も久し振りに御目に掛かる。

選らんだワインは、以前にも此処で頂いた、「エミリア・ロッソ・バルベーラ・ラ・ストッパ」の05年。
今日の piccolo zio 其の21-02
此程にバルベーラの特徴を感じるワインは少ないだろう。 熟成が進んだ果実感には適度な甘さにチャーミングな酸味がハーモナイズする。 小生の様な或る程度のシニアに御奨めの穏やかで礼儀正しい(小生がそうだと云って居るのでは無いがwww)テイストだと思う。 常連の棟梁に御付き合い頂いたので、亦一層…と云う時間。

先ず、マッツンが造って呉れたのはフィッシュな一皿。
今日の piccolo zio 其の21-03
鯵のフライだが、薄い衣を纏った巻きの構成と云う凝った造りに為って居る。 フワフワのタッチと味わいの絶妙なマッチング。 添えて有るオレンジの効果が素晴らしい。 マッツンが拵えると何でも御洒落に仕上がるなぁ。

今日の piccolo zio 其の21-04
マッツンの十八番のひとつ、パテ。 何時も頂くが、相変わらずの美味しさだ。 ポアブルロゼが良い仕事振り。

今日の piccolo zio 其の21-05
茗荷やパルミジャーノチーズを乗せて… 鰹のカルパッチョもマッツンのオリジナリティに満ちて居る。 素材の持つ酸味とソースのコラボレーションが最高。

今日の piccolo zio 其の21-06
ハーフサイズで御願いしたシュリンプとアスパラのペンネ。 固目に茹でられて居り、喰感もテイストも抜群。 パスタで締めなければ、ピッコロじゃない。

東海道線が事故との報で御伴をコールして頂いて、帰路に付く。

コメント

トラックバック