燦燦斗@東十条 其の1872012/12/06 01:01:00

蔦が御休みと云う情報を受けて、予定を変更して燦燦斗へ。 え?と振り返った、返り咲きの白躑躅は、「峰の松風(大琉球)」だと思うのだが、雄蕊が6本って…
燦燦斗@東十条 其の187-1

赤羽から向かったので、矢鱈と早く着いて仕舞い、恰好が悪い。 TRY本で豚骨醤油部門で2位に輝いた影響かどうかは判らないが、開店直後には満席、10名以上の方が並ばれた。

燦燦斗@東十条 其の187-2
此の日はビールはパスして、ラーメン。 冷えた身体に久し振りのテイストが沁みて行く。 此のスープは小生の活力源見たいな物だ。 何時もの様に葱や貝割を太麺に絡めて頂く。 分厚いローストポークを口に運んで幸せなので有る。 此れで650円と云うのには本当に頭が下がる。 御気遣いの味玉迄頂いて、外に出ると更に行列は延びて… このテイストとコスト・パフォーマンスなら当然だろう。

コメント

トラックバック