西尾中華そば 其の1592010/10/14 01:01:00

週末に naginicai で、西尾さんには御世話に為った。 其の御礼を伝えようと夕方、オフィスを再び移動する際に霜降を訪問。 未だ早い時刻だったが、前客1、後客4って感じだ。 花の季さんのヌーボー麺が有るとの事。 「ラーメン産業展」で使う予定の麺で、花の季さんの自家製麺では無くて、製麺屋さんに打って貰った麺だそうだ。 この麺が有るなら「ざる」でしょう。 「100円プラスで肉祭」と、西尾さんが仰るので、御願いした。

西尾中華そば 其の159-1

西尾中華そば 其の159-2

先ず、麺。 100%小麦ヌーボーの麺は、素朴で濃い風味が非常に好みだ。 「ひらめき」との相性が抜群で、この鹿児島の柑橘系唐辛子とドンピシャ。 もう、此だけで300gは喰えるな。 でも、漬汁も亦、最高なのだ。 この日は、この麺に合わせる様に、ノーマルな醤油と薄口醤油のハーフ&ハーフで仕立てたそうだが、確かに凄くマッチして居て美味い。
更に、この夜のスペシャルな「肉祭」。 左手前は、ノーマルなチャーシュウ。 左奥が、イベリコのコンフィ。 右手前が、赤ワイン煮で其の奥が、ローストビーフ。 ノーマルもイベリコも美味いが、何と云っても赤ワイン煮が秀逸。 場所が場所だけに、「霜降」の肉質も最高だが、調理が極めて巧みだ。 西尾さんが肉屋さんに頂いたそうだが、此は素晴らしい。 亦、舌の上で溶けて仕舞いそうなローストビーフも絶品だ。 此で100円は安過ぎるねぇ。 此等の肉をワインで頂くのが、麗しそうだ。 本当にそうしたいなぁ。 いや、良いタイミングに伺った。 大満足で、夜の部の御仕事も頑張れます。

頂きたい、でも、でも…時間が無い…「花の季女将さんの手作り味噌と穂紫蘇の味噌ラーメン」

井上@築地2010/10/14 23:23:00

前日に予防接種で早退?した祟りで、とうとう終電を逃し、銀座のホテルで短い睡眠を取る。 朝喰にホテルのパンとか御飯とか云う気分では無くて、E-PL1 を片手に早朝の本願寺へと散歩に出る。 半世紀も前に祖母に連れられて来たのを思い出す。
築地市場は目の前だが、流石に朝の6時でも大賑わいだ。 活気溢れる人の動きを見て居る内に少し気分も乗って来たので、寿司でも摘むかと物色。

井上@築地-1

と、立ち喰いのラーメン屋さんに数名の方が並んで居るのを見つ付けて仕舞った。 で、フラフラと列の最後に… 御店の名前は「井上」。 麺上げ、会計とトッピング、下膳が各御一人と、シニアな男性3人でのオペレーション。 店の脇や前の歩道に立ち喰い用のカウンターが有る。

井上@築地-2

メニューは、「中華そば」一品の提饗で650円。 5杯分の麺を茹でて、適当に(笑)5等分する。 緩い感じの麺は、やや細身でウェイブが入って居るが、余り風味は感じられない。 チャーシュウと云うより、煮豚のスライス見たいなのを、結構沢山盛って呉れる。 美味しいとは云わないが、其也のテイストには為って居る。 メンマは濃い色をして居るが、味わいも中々の濃度でスープとの相性は悪くない。 其のスープだが、葱や貝割を乗せた、古典的なやや薄味の豚骨醤油味+鶏ガラで、古を感じる。 余り凝ったテイストでは無いので、栄屋ミルクホールやたいめいけん見たいな期待をしてはいけない。 勿論、化学調味料も不断に使って居る様だが、そんな事を気にする様な一杯では無い。 未明から働いて居た人や此から頑張るぞと云う人が、御腹に入れて去って行くのだ。 さ、小生も8時からの会議に向けて、気合いを入れなくては。