吉左右@木場 8回目2010/10/28 23:23:00

摂氏9度って… 東京ではサンタの気温だ。 一方で、颱風情報も流れる雨模様で風も強い。 誰も出掛けたく無い天気。 なら、チャンスだ。 何時もの様に長引いた会議の更なる延長戦で、解放されたのは13時30分。 なら、更にチャンスだ。 地下鉄にも使える定期に為った事も有り、木場駅から向かったのは、あの吉左右。 歩いて行っても歩数は変わらないのだが、この風雨の中の徒歩は嫌だ。 直前に3人が到着されたと云うアンラッキーさでは有ったが、行列は5名。 流石に短い。 後客は8名だったと思うが、帰る頃には空席が2つ。 吉左右で空席を見たのは初めてだ。 カウンターに案内される迄、15分位だったかな。 10秒早く着いて居たら、10分も無かったと思う。 何れにせよ、目算は当たって、空いて居た。

吉左右@木場 8回目

事前注文は小生で最後だったが、奥様に御願いしたのは、矢張、ラーメン。 御腹が減って居た事も影響したと思うし、待時間が短かった所為かも知れないが、この日の一杯は格別に美味しかった。 スープが滑らかだ。 適度に濃いのだが、スルスルと云うタッチ。 小生にはやや魚介が立つ様に感じるので、胡椒は少し多目に使うのだが、胡椒とのマッチングが良いスープで、魚が首を竦める感じで好きだ。 麺は太くて、此方もプルプルと云う加水率の高い麺。 其れ程には、風味が有るとは云わないが、スープとのマッチングは上々。 メンマは柔らか過ぎるかも知れないが、取り立ててどうこう云う物でも無い。 チャーシュウだが、少し肉厚でホロホロと解れるタイプで、味わいも然る事乍、この喰感が好みだ。 あれ? 以前からこんなタイプだったっけ? トロトロ、スルスルのスープを結局、8割方飲んだ。 吉左右では初めてかな、こんなに飲んだのは。
東十条は行き難く為って仕舞ったが、木場は歩いてでも行ける様に為った。 此れからは冷たい雨の日も増えるだろうから、そんな天気は「吉左右日和」とする事にしよう。 尚、フォトはS001で撮った。 来春にはS006に為るかもね。