海岸で週末の朝陽を撮って見た2017/02/12 17:36:36

<2月11日>
昔は「紀元節」と呼んだ物じゃが…と云う程の歳じゃないが、祝日が土曜に重なる事の多い2017年の「建国記念日」。 前日に振った霰や霙、湿雪が凍って滑る。 自転車で海岸に出たのだが、こんな場所は降りて通る。(WBを弄って、遊んで見た。)
海岸で週末の朝陽を撮って見た-01
サーフボードを乗せた自転車で颯爽と行くアンチャン。 タイヤを滑らせて…転ぶかと思い、楽しみに見て居たのだが(笑)、流石はサーファー殿、バランス感覚が素晴らしく、見事に立て直した。 スゲェ~

海岸で週末の朝陽を撮って見た-02

海岸で週末の朝陽を撮って見た-03

海岸で週末の朝陽を撮って見た-04
相当に冷え込んだ(-1.3℃)ので、太陽は海霧の向こうから昇って来た。 今回は唯一持って居る、パナライカのフォーサーズレンズで撮った。 絞っても柔らかい写りが、海霧のシチュエーションにマッチする。 でも…AF効かねぇな~(笑)。 そろそろ買おうか…「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」。 いや、此方かな「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」。


<2月12日>
此朝は三浦半島の立石海岸迄行けば、満月が富士山頂に沈むのが見えた。 だが、前夜のGPV予報では可也の雲が拡がる筈だったので、遠征をキャンセル。 でもぉ、目覚めてライブカメラをチェックすると、ピーカンだね~(泣)。 現地は嘸や賑わって居ただろう。 駐車が大変な(前夜、前夕から集まる)車で行かなくても、2番電車とバスでも30分前に着けたのにね、残念。 翌朝にはパール富士が地元海岸に遣って来るが、7時25分では見えるかどうか、だね~。

気を取り直して、最寄の海岸へ急ぐ。 未だ木星とスピカが並んで見えて居たので、1枚撮った。
海岸で週末の朝陽を撮って見た-05
木星の直ぐ隣に小さな星が見えるが、ガリレオ衛星のひとつ「ガニメデ」(4.6 等星:「・・・の優しい巨人」<J・P・ホーガン>:ガニメアンの故郷<懐かし~い>)。 黄金色の木星と青白いスピカの対比が美しい。 7日に「留」(外惑星の順行・逆行が変わる時に見掛上静止するタイミング)を過ぎたばかり(順行から逆行に変わった)の木星は動きが鈍い。

海岸で週末の朝陽を撮って見た-06
夜明け前…寒い(-1.3℃)かも。 江の島の南側の雲が如何にも無粋だね~

海岸で週末の朝陽を撮って見た-07
紅富士と満月。 靄の中に浮いて居る様だ。 立石海岸に行けば良かったなぁ~

海岸で週末の朝陽を撮って見た-08
あら、そんな処に…

コメント

トラックバック