ソガペール2013/05/10 01:01:00

大塚の「こなから」で、一時帰国された西尾さん、Mさん、カボちゃんと。 流石にグルメな西尾さんの御眼鏡に適った御店は居酒屋さんでも、チト違う。 素晴らしい料理の連続で活き返る心地だ。

ソガペール
更に美酒だったのが、此れ。 小布施ワイナリーの白…では無くて、日本酒。 マグナムボトルに貼られたエチケットは「pere et fils」だから、「父と息子」ですかね。 美山錦がどんな御米なのかは知らないが、「NEUF」、即ち「9」(9号系酵母)と銘打たれた酒(NAMAZAKE)は飛びっ切りの逸品。 正直に申し上げるが、小生はワインよりも高評価したい程だ。 確りとした重みを有し乍、味わいは軽快で、初口ではミネラリーな淡麗とさえも思わせる。 其処からジワジワと深みに引き込まれて行く様は、伝統的な「生もと」の印象だが… 膨よかさの中に微々炭酸を感じるのは、恐らくは酸度の高い水の影響かと思うが、此れがペティアンっぽくて面白い。 大きい碗で2杯… 小生が日本酒を呑むのは珍しいと皆さん… 実は最近の晩酌は、ビールでもワインでも無くて、サケなんです。