今日の蔦 其の752013/05/08 23:23:00

「極めて」、と付けて良い程の上首尾で引越は完了。 何か腑抜けた気分だが、晴れやかだ。 道で、電車で残念なシーンに出会しても、気持を抑えられるのは、後何日間だろう? 人の振り見て…のスタンスを…小生は忘れちゃうんだよね、直ぐに、と反省。 そんな小生を嘲笑う程に素晴らしい朝。

今日の蔦 其の75-1
一番電車の車窓からの富士が撮りにお出でよ、と誘惑を投げて来る。 世界遺産確定…は、良い効果と共に憂いも呼び込みそうだ。 小生の連休振替は何時出来るかしらん。

前夜の美酒が未だ頭を痺れさせて居る様な気がする昼休み。 優しい一杯を希望。 で、亦来て仕舞った。 此の日は早目に来たのだが、相変わらずの10人行列。 開店時にはマンション入口で折り返す程。 もう、しょうがないね…

今日の蔦 其の75-2
此の日、頂いたのは味噌。 前日は塩に感激したが、味噌も負けては居ない。 少しだけ、本の少しだけ苦味と云うか、良い意味の濁りを残した独特の味噌テイストは、実に巧みな構成に為って居る。 赤味噌チックで、そうではなくて、と云うベースの味噌風味に色々な複雑さが積み重なる。 醤油も塩も、そして味噌も上等な蔦で有る。 「連日、有り難うございます」 うむぅ、絡め取られた気分だわい。

フォトは IS11T で撮ったが、矢張、残念な画像だ。 スマフォと同じ気軽さで持ち歩けて、取り出せて(此処重要)、と云うプレミムなコンデジは…「あれ」しかないな。