麺屋KABOちゃん 其の192013/05/30 20:15:49

梅雨入りに相応しい雨と湿度。 こんなタイミングなら冷やしでしょう、と此の週2回目の霜降詣。 開店、即満席で此の雨の中、上々のスタートだ。 フリークの方の御隣で、今回も1玉半で御願いした。

麺屋KABOちゃん 其の19-1

麺屋KABOちゃん 其の19-2
あれ、此の麺だったっけ? 「そうです」との事。 もっと柔らかい印象だったが、此の日は撓やかに固いと云う喰感の細麺。 浸して居る煮干出汁も少し優しく為って居て、小生にはマッチベター。 若しかすると、麺の印象も煮干度に左右されるんだったりして。 漬汁も前回よりもマイルドに為ったと思う。 濃さやピリ辛度は同じなのだが、尖った処が薄らいで好ましい。 グレープフルーツをタップリと搾った此の麺とスープの組み合わせは好みだ。 ワシワシ喰べて、最後は焦がし葱を摘んで、漬汁も生(き)で完飲。 あ、絶対に小生好みにシフトした。 嬉しくて、週2で通いそうだ。
外へ出ると、Dさんにバッタリ。 めじろがあんな事にされて仕舞ってから、中々御目に掛かる機会が無くなって仕舞ったのだが、此の日も小生に時間が無くて余り御話し出来ずに残念。