53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の342016/11/05 01:01:00

湯河原から藤沢に戻り、ロックスオフで奥さんに頼まれた「遣い物」を調達。 もう1本、「53's Noodle」で此夜に飲むボトルを追加。 一度、「NEKTON藤沢」びチェックインした後に小田急線で江ノ島へ向かう。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の34-01
こんな処で隠れて撮って居ました。 北東風だったので橋脚が風避兼背凭に為って呉れた。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の34-02
渡船の「弁天丸」が御客さんを乗せて居る時の倍速以上で帰って行く…速い、速い(笑)。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の34-03
江ノ島、富士山、月、金星… 全部入れたら、散漫なフォトに。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の34-04
パラレルワールドとの境界が曖昧に為った瞬間を捉えた貴重なショット。 御嬢さんは、「其処には居ない彼等」に気付く筈も無い。


「NEKTON藤沢」に戻ると、辰也君が準備に追われて居る。 寒風に吹かれて喉がガラガラ…
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の34-05
で、18時に為るか為らないか…で、ハートランド。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の34-06
レア調理のチャーシュウは金曜日の定番。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の34-08
こんなのも有ります。 バルサミコソースが良くマッチしますね~

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の34-07
ロックスオフで仕入れて来たのは、「ロゴノーヴォ」。 クロちゃんが選んで呉れた小生好みのトスカン。 「ルーチェ」(飲みたい)の隣畑だそうだ。 敢えて、ブルネッロ路線を行かずに、サンジョヴェーゼ、メルロー、シラー更に…と云うセパージュのボトルは確かに美酒。 濃く深いブーケが期待を高め、程良くスパイシーでたっぷりの熟成感から仄かに漂う甘さがトロリとしたタッチに溶けて居る。 タンニンも其の柔らかさに協調して、アルコールの高さを控え目に感じさせる。 「中々美味しいですよ」、と御誘いした三浦さんが珍しくカウンターで付き合って下さいました。 藤沢の事なら、何でも御存知…なんですね。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の34-09
此夜のラーメンは辰也君自信が「良い出来」と仰せ。 其れではと、醤油バージョンを御願いした。 鶏、片口鰮(煮干)、浅蜊だけの出汁と凝った?工夫を重ねた醤油ダレとの組み合わせが妙の一杯。 淡麗系には違いないが、コアの味わいが確りして居るので、安心感を伴う美味さだ。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の34-10
「こんなまぜそばも造って見ました」との事で、有難く試喰。 鶏の風味が高いが、ベースは…豆乳と鶏油だそうだ。 其れにバルサミコソースを配らった。 得意(特異)のイタリアン抵牾(もどき)で、「ロゴノーヴォ」ともマリアージュ出来そう。 今風の美味しさが特に若者受けしそう。 勿論、白髪の小生も美味しく頂きました。 舌も未だ若いモン。

エロい人が飲み足りないと仰るので、更にピチーチで… あ、飲み過ぎですよね。