今日の渦雷 其の992016/09/07 01:01:00

富士山が見えそうなら、頂上に沈む太陽を撮りに西浦にでも出張しようと思ったのだが、無理と踏んだ。 だが、夕焼は見応えが有った様で、稲村ヶ崎等から撮影されたフォトが幾つもアップされて居た。
今日の渦雷 其の99-1
「渦雷」の近くの跨線橋からもこんな空が演出されて居たので、XZ-10 を構えた。 月が申訳程度に顔を覗かせて居たんだね。


9月から「渦雷」が平日の夜営業も再開した。 週末の3600mが億劫に為って来た小生には有難い措置。 其れでも6日目にして、漸くの訪問。 こんなにインターバルを空けて仕舞ったのは初めてだ。 イッペイ君が厨房、芳実オーナーと新しく加わった翼君が製麺と仕込みを担当と云う布陣。
今日の渦雷 其の99-2
早速に恵比寿ビールを頂く。

今日の渦雷 其の99-3
芳実オーナー特製のタンドリーチキン。 テイストに見合った喰感…実に美味い。 更に添えられて居る特製BBQソースが亦、好い。

此の夜は限定の味噌ラーメンが提饗されて居た。 ラッキーだね~と当然、此れを選択。
今日の渦雷 其の99-4
張紙の云う作品名は長い(笑)。 「自家製スパイシーラー油と大葉オイルの味噌中華ソバ」。 本店と同じ四国の味噌だそうだが、味わいは異なる。 名前にも謳われて居る様にスパイシーさは此方が上。 だが、辛いと云う味わいとは違う。 爽やかな風味は「大葉オイル」だそうだが、ホットな印象を随分と引き受けて居る様にも思えた。  こう云うプラス・マイナスと云うのか、纏め方には定評の有る芳実オーナーらしスープだ。 紫キャベツを配するのは十八番だが、此の喰感を味噌テイストの中に発見するのは新鮮だ。 豚と鶏のチャーシュウにメンマ、貝割、海苔と盛沢山。 此の一杯はとても好みで、是非、亦頂きたいな。