今日の piccolo zio 其の102016/09/02 01:01:00

火曜日は海岸で「塩漬」に為って仕舞い、訪問を諦めた「piccolo zio」に着いたのは、17時30分頃。
今日の piccolo zio 其の10-01
あ、あら… チェックせずに来ちゃった、と店内で待たせて頂く。 何時もの17時に来なくて良かった。 色々と御話…少しでも身体の負担に為らない動きでオペレーションが出来る様にと彼や是やの創意工夫の改善策。 流石は元SE、システム分析に感心しました。 ロックスオフの若林さんが、夏休み前のデリバリーに顔を見せられたので、御挨拶。

18時を待って、
今日の piccolo zio 其の10-02
カールスベルグでスタート。

「クエヴァ・バイ・マリアーノ ティント」は、バレンシアのボバルのヴァラエタル。 稀少なローカル品種だが、思いの外エレガントに仕上がって居る。 「マセラシオンカルボニック」って奴だな。 恐らくはノンフィルなのだろうって顔をして居る。
今日の piccolo zio 其の10-03
記事の掲載が遅れたのは、此のフォトの所為。 何だか弄りたくて、遊びが過ぎた…感じに(笑)。 ポップ調のアレンジにしてからソフトフォーカスを掛けて、もう一度、引き締めて、色味をアジャスト等々…

最後の晩餐には是非、並べたい一皿。
今日の piccolo zio 其の10-04
「鮪の生ハム バジル巻ソテー」、大好き!

マッツンの選ぶ御皿は中々小生の好みに合う。 自分では選ばないデザインなのに、不思議な感性の一致を見る想いだ。 「GIRASOLE」は伊語で「向日葵」だが、此れはアーティチョークだよね。 あ、サルデーニャのコムーネ(自治都市)にも此の名前の処が有るのか。
今日の piccolo zio 其の10-05
肝心の御魚は…香ばしくて美味いのだが、鯵でしたっけ(汗)。 間に檸檬が挟まって居るのだが、其れも併せてベイクして見ました、とさ(笑)。

豪勢に季節の野菜をたっぷり添えて、の肉ぅ。
今日の piccolo zio 其の10-06
野菜不足の吾身に嬉しい一皿。 肉好きの吾舌にいっぱいの牛ぃ、超絶歓迎。 薄いチーズを乗せて、最高。

マッツン、御免なさい。 節酒を云い渡されて居るので、ボトルを飲み干すのは控えました。

コメント

トラックバック