麺屋KABOちゃん 其の1462016/03/07 23:23:00

前夜のワイン(加須からの帰りに連夜のピチーチ)
麺屋KABOちゃん 其の146-3
を振り払う様に週明の昼休みに霜降に向かう。 陽気に誘われ、コートも羽織らずに道を急ぐ。 「味噌中華」とも思ったが、口を衝いて出たのは「醤油つけ麺」。 矢っ張り、気温が影響したのかも知れない。

麺屋KABOちゃん 其の146-2
前週に続いての一杯。 ピリ辛のソースを乗せた麺は魚介系の出汁に浸されて居るので、直喰は少な目にして、付汁に浸してタップリと頂く。

麺屋KABOちゃん 其の146-1
柿酢のマイルドな酸味と醤油がとてもマッチして居るのだが、其処に穏やかなタッチの凪製麺が巧く絡む。 此の組み合わせは中々に宜しい様で。 暖かく為ったら、亦あの懐かしいテイストの「冷しつけ麺」を造ってね。

コメント

トラックバック