麺屋KABOちゃん 其の1412016/02/05 01:01:00

立春が「花粉初日」と為って仕舞った。 憂鬱な日々の始まりだ。
昼は巣鴨だったので、夜は駒込と決め「KABOちゃん」へ向かう。 開店時刻が遅れる事も有るので、最近は18時を目指して伺う様にして居る。 霜降交差点の信号、難しく為ったのね~(笑)。 何時もの様に女性客さんが御一人でカウンターに… でも、ラーメンだけとは逆に珍しいね。

麺屋KABOちゃん 其の141
御願いしたのは、勿論「味噌中華」。 良いよねぇ、美味いよねぇ、絶体。 前週に伺えなかったので、感激も一入。 痺れ捲って仕舞いました。

地元で、古い知り合い、新しい友人とワイン。 沢山、飲んだかも。

紫 くろ喜 其の1002016/02/05 23:23:00

此週は「饗」にも伺って居るのだが、金曜日の「紫」は外せない。 13時を廻った頃に漸く到着すると、10数名が御並びだ。 黒木さんでは無いが、「ビシっと並んで欲しい」。 列が歪むと通行者の邪魔に為るとか「感じない」んだろうな。 「感じた上で乱して居る」なら罪は重いが、「気が付かない」ってのは何と申し上げれば… 4人体制の回転抜群なので、30分も待たずに入店。

紫 くろ喜 其の100-2
100回記念の「紫」訪問は「鴨つけそば」のターン。 黒木さんに依ると、此日配合したの麺の小麦粉は、何時もの仏蘭西麺麭用の「レジャンデール」ではなくて、ハルユタカの全粒粉だそうだ。 直喰して見ると、成程、喰感が少し穏やかで風味が少しアーバンな感じかな… でも、伺わなかったらそう感じ取れただろうか(汗)。 此の麺も充分に適切な選択だと思う。

紫 くろ喜 其の100-1
付汁との相性も遜色無いし。 「春に為って」、春菊のテイストが際立って来た。 此の苦味が良いんだよねぇ… 此れから暫くは楽しめるのだが、「春菊の旬」は「花粉の期間」と見事に被るのだ、噫。

喰べ終わると「早く帰って来い」のコール。 13時過迄会議を引張ったのは誰よ… でも、トラブル勃発で夜の予定迄吹っ飛びましたとさ。