燦燦斗@東十条 其の2832015/12/09 01:01:00

此日の朝、東の空で月と金星がランデブー(死語か)するので、久し振りにオフィスに E-M5MarkII を持参したのだが、天気予報に反してベッタリな曇天。 後刻、「過去天気」をチェックすると「晴」。 じぇったい違うんだけど… 何れにせよ、シャッターチャンスを逃して仕舞った。 でも、一時は雨粒迄齎した此の雲は小生も予想出来なかったなぁ…衛星画像と前日の雲予測雲を比較して…勉強に為りました。 現代に於いても「6時間先の雨」を全く予測出来ない事が偶にでは有るが、起こる。

此処の所、比較的コンスタントに伺えて居る「燦燦斗」。 此夜も早い時刻に到着する事が出来た。 いや、すっかり寒く為って仕舞い、待時間は辛く為った。 此夜も10分早く暖簾が掛かり、行列から控え目な歓声が上がる。 冬の燦燦斗は此の待時間の後の「ラーメン」が頗る美味い。

燦燦斗@東十条 其の283
魚介豚骨醤油のスープに自家製の太麺。 そして、ローストポーク… 何時もの様に白胡椒を少し振って貝割や葱を絡めて頂く。 小生のラーメンライフに外せない一杯のひとつだ。

奥様に「蔦の★、おめでとうございます」と仰って頂いた。 勿論、祐貴君に御伝えするが、嬉しかったな。

赤羽駅に着いたタイミングで高崎線で事故。 前週とは違って湘南新宿ラインも止まったが、宇都宮線から来る上野東京ラインが動いて居たので、事無きを得た。 此の時期、こう云う事故が増えて行く…

そばはうす金色不如帰 其の882015/12/09 23:23:00

前日の朝は、思い掛けぬ曇天で月と金星の接近を撮り損ねた。
そばはうす金色不如帰 其の88-3
此朝に為るとこんなに離れて仕舞った…日の出30分前の空だが、地平線付近はやや増感(フィルム時代用語)して見た。 矢っ張り、E-M5MK2 を持って来れば良かったな。 右上の金星が判るかしらん。 「あかつき」が此れを廻って居るんだなぁ…

そばはうす金色不如帰 其の88-4
日の出の時には何時もR・シュトラウスの「ツァラトゥストラは斯く語りき」のメロディが頭の中に流れて来て、「2001年宇宙の旅」のHALのシーンやニーチェの書簡集を背伸びして読んだ高校生の頃を思い出す。

そばはうす金色不如帰 其の88-5
低層階から青く撮ったショット。


水曜日は「金色不如帰」に伺う事が多い。 徹夜で試作をされて居た山本さんが引き揚げられた後、力丸君と松本さんのオペレーション。

そばはうす金色不如帰 其の88-2
トッピングの細切メンマは此迄と同じだが、メインメンマが穂先メンマに変わった。 寧ろ、穂先メンマは好きなので歓迎だ。 麺と絡めて直喰するには長過ぎる(笑)ので、トッピングのメンマで頂く。 毎度の事乍、美味しくて風味高い此の麺は、直喰に最適だ。
そばはうす金色不如帰 其の88-1
勿論、此の付汁の美味さも特筆物で、麺との相性も実に良い。 新しい名刺でも唯一、つけそばで載せさせて頂いた至高の一杯。