そばはうす金色不如帰 其の862015/11/16 01:01:00

「金色不如帰」の週末限定は、夜のみの提饗なのだ。
そばはうす金色不如帰 其の86-01
マスクされた下には平日も5喰提饗と書かれて居たが、現在は週末のみと為って居る。(だからマスクして居るんだってば)。 作品名は響きの良い「松茸と鴨脂と蛤の醤油」。 醤油テイストの一杯なので、是非とも頂きたいと思って居た。 行列の傾向分析、天気との兼合等を鑑みて、到着時刻を決めて、サンデーワークのオフィスを出発。 結果、3番目と早過ぎた嫌いが(笑)…「絶対」の意気込みで、此夜は携帯椅子と座蒲団持参。 此夜は力丸君とMさんのオペレーションと伺って居たが、力丸君よりもチト早いと云う暴挙。 随分待って(笑)、漸く其の一杯が目の前に。

そばはうす金色不如帰 其の86-02
蓮華に乗せられた酢橘を先に1ショット。

そばはうす金色不如帰 其の86-03
先ず、酢橘を降ろしてから蓮華でスープを啜る。 蛤の濁りの旨味が溢れるが、其処へ松茸の香りが押し寄せて来る。 そして、細かい鴨の脂からも風味が流れて… 微妙なバランスを取りつつも、個性豊かな素材を大いに活かして居る。 流石のスープだ… 此れは美味い、素晴らしい。 何時間でも待てるな… 此のスープの為だけにでも。 徐に酢橘を松茸に搾る。 松茸をローストした処がポイントで、風味が際立つ。 柚子皮も煮豚に乗るのだが、酢橘の柑橘は弁えた物なので、バッティングしない。 刻んだ三つ葉が青いニュアンスを運び込む。 計算されてますね… ムニュっとして居るのにパッツリ感が有ると云う不如帰独特の麺とも良く合う。 凄い一杯に感動。 此夜は結構な仕込、準備から力丸君が任されたと伺ったが、力量アップなんだね。

コメント

トラックバック