食堂酒場 グラシア 其の212015/11/05 01:01:00

2週続けてグラシアでディナーと云う贅沢。 早い時刻に待ち合わせたのは、オルガニストの森さん。 音楽を極めて行こうとされる方の哲学や生きて行く様は、小生の様な凡人との差が大きく、関心するやら驚かされるやらだ。

此夜もマスターとマダムが素敵なライナップを組み立てて下ったのだが、最初に信州は「五郎平米」の炊き立てをピュアに、そしてグラシア自家製のキムチで頂く。 特別なコシヒカリの様で、久しくこんな銀シャリをこんな風にはロにして居なかったなぁ。
食堂酒場 グラシア 其の21-01

改めまして…と乾杯。
食堂酒場 グラシア 其の21-02

魚介でスタートしたので、ワインは白から。 此夜もゴイチのシャルドネ。
食堂酒場 グラシア 其の21-03

天然フクラギのカルパッチョ。 「脹脛」って何だ(笑)? フクラハギでは無くて、「フクラギ」だそうで、ハマチの若魚。 「出世前」の鰤って事だね。
食堂酒場 グラシア 其の21-04
カルパッチョとしては、分厚くカットされて居るのだが、「フクラギ」のサイズなら此れ位が一番美味しい様に思う。 新鮮で「超」が付く程に美味。

的矢地蛤のバジルソースグリル。
食堂酒場 グラシア 其の21-05
やや辛さを残したアーリーレッドと調和したテイストの蛤。 サイズ的にも丁度喰頃でソースが憎いねぇ。

此方も新湊直送の「バイ貝オーブングリル」。
食堂酒場 グラシア 其の21-06
頑張っても最後がチョン切れちゃうのよねぇ~ でも、此のオリーブオイルの風味はとてもマッチして居て、とても佳い。

食堂酒場 グラシア 其の21-07
一旦休憩…見たいな感じで、ブルーチーズ。

では、ワインも赤に…
食堂酒場 グラシア 其の21-08
ドメーヌソガ サンシミ ヴォルプチュー2012年。 Voluptueux は、「エロな」と云う意図だろう。 化学の力を極力避けて…と云う、Sans Chimi と合わせて、曽我さんの哲学が籠ったボトル。

チャーシュウエッグ。
食堂酒場 グラシア 其の21-09
洋喰屋さんぽいメニューだが、チャーシュウの味わいが目玉焼に滲みて、素朴な美味しさ満点。 こう云うのもイイネ!

仙台牛A5カルビロースト卵黄乗せ。
食堂酒場 グラシア 其の21-10

宮崎牛A5ランプステーキ。
食堂酒場 グラシア 其の21-11
前週に引き続いてのゴージャス皿。 御肉大好き、牛肉最高!

食堂酒場 グラシア 其の21-12
信州野菜の甘煮漬。 胡瓜、茗荷、蕗、ゴーヤ… だね。 和喰屋さんでも有るグラシアだ。 御腹に余裕が有れば、「五郎平米」で頂きたい。


前回、麺友のマリーさんと娘と3人で伺った際に当方の勘違いで、紹介もせずに非礼を重ねて仕舞った。 仕切り直しをしなくては、ね。

今日の蔦 其の1782015/11/05 23:23:00

先日、限定の一杯を必死で(良い想出に為るだろう)頂いてからインターバルを空けて仕舞ったので、此昼に蔦へ向かう。 相変わらずの超絶人気で、集合開始のタイミングも何処よりも早い。 何時もの時刻で3番目だ。 そして行列も何れ位延びるのだろう… 開店時には「小泉ポイント」を越えて居た事は間違いない。

サイドメニューからレギュラーへ昇格寸前の「鶏油そば」を忘れずにポチった。
今日の蔦 其の178-1
ハーフサイズで200円。 主麺の前の御楽しみ、と云うスタイルは此れが最後か… 一寸残念。 前菜為らぬ、前麺で頂く形式は良かったのだが、調理は見るからに大変そうだもんね。 麺喰大好きな小生は此れが相当に好きなので、レギュラーに昇格したら、此ればっかり頂きそうだ。 凪や渦で嘗て提饗されて居た「焼きラーメン」を彷彿とさせる一杯。 楽しみにして居よう。

今日の蔦 其の178-2
メイン?は「醤油そば」を御願いした。 何十回もの調整や変更、改良を重ねて、此処に至る一杯。 「熟成」の「熟」は「つくづく」とも読むが、将にそんな印象の美味さに満ちた一杯だ。 蔦のベースは矢っ張り此処に置かれて居るのだと、感慨に耽る。