そばはうす金色不如帰 其の842015/10/28 23:23:00

火曜日は撮影遠征の「御疲れ休み」。 此れを入れないと疲労回復しないのよね~ と、昼に頂いたのは、「蔦の葉」カップ麺。
そばはうす金色不如帰 其の84-01
未だ未だ在庫して居ます(笑)。

月曜日の朝は広浦@涸沼で0度近い寒さに震えたのだが、水曜日の日中の都心は夏日と為った。 此日は所謂、「TRY本」、" Tokyo Ramen of the Year "の発売日。 2015年に限っては「ラーメン・ウォーカー」も買った(「蔦」の殿堂入記念)が、小生が購入するラーメン本は通所は此だけ。 幡ヶ谷に向かう前に本屋に寄り、電車の中でパラパラと捲る。 蔦は大賞2位か…祐貴君の「大人のコメント」を読み乍、「金色不如帰」を探す。 多くのカテゴリーに載って居るけれど、山本さんは本意では無いだろうな… 丁度、準備を終えた山本さんと店先で少々御話出来たのだが、まぁそんな感じかも。

テレビ効果(TRY効果は未だだよね)も有って、行列は長い。 此日も力丸君と松本さんのオペレーション。 御願いしたのは、何時もの「支那筍つけそば」。 つけ麺部門でも評価されて居るのだが、「夜限定のつけそばが好き」との審査員のコメントが有った。 確かにアレも美味しいけれど、小生の好みは此方。 「紫」の「鴨つけそば」と此れが小生的双璧。 タイプが全く違うが、麺も付汁も極上だ。 「鴨つけそば」は、二毛作カテゴリーに掲載されて居たな。

そばはうす金色不如帰 其の84-03
いっぱいの麺直喰。
そばはうす金色不如帰 其の84-02
付汁に落として… どう頂いても、凄く好み。