早朝の4惑星2015/10/14 01:01:00

前夜は沢山、沢山呑みました… 早寝早起癖の付いて居る小生は21時前には眠って居たとの事。 皆さんは更に呑み続けて居たらしいが、其れでも高齢集団なので、23時には御開きに為ったそうだ。 何時に寝ても河岸に行く時間に起きる「大将」の気配で眼を開けると東を向いた窓から明けの明星が見えて居る。 高度からすると4時半と云う処に思えたので、付き合って起きる事に。 大浴場が開く5時迄「二度寝」との大将だったので、其迄の間、E-M5II を取り出してチャレンジして見る事にした。

早朝の4惑星-01
何とか水星迄収めた此のフォトは5時5分のタイミング。 水星は目視出来なかったし、火星も相当に厳しく為って居た。 三脚は持参して居なかったので、優秀な手振補正機能に期待して手持撮影。 其れでも宿酔いの腕指では 0.1 秒が限界だろう。 ISO を 6400 迄上げて、F4.1 で何とか稼ぎ出した。 換算 30mm で撮ったフォトを大幅にトリミングして居る。 実は余り綺麗では無い硝子越。 窓は開けられたのだが、外気温が6度台迄下がった高原の宿だったので、窓を開けては寝て居る皆さんの迷惑に為るので自粛した。

早朝の4惑星-02
日出に合わせて風呂から戻って来て撮ったのだが… 直ぐに雲に隠れて仕舞った。

早朝の4惑星-03
…らしい日の出。

宿の近くに「戦争博物館」と云う施設が有るので寄った。 期待を大幅に上廻る展示では有った。 所在意味合いに於いて「凄い」。 検索して興味を覚え、1000 円払っても良いと思った方は、是非…かなぁ??

昼喰は前年に続いて此処、「寿楽」。
早朝の4惑星-04
御用邸にも献上されて居る高級肉屋さんのレストラン。 平日の昼なのに2時間待ちと云う大人気。 朝1番で予約リストに名前を書いて置いたのだが… 当方のミスで其れが無効に為って居た。 愕然として居ると、前年も格別の御高配を賜った方が「昨年と同じ場所でしたら…」と仰って下さって、裏庭に場所を用意して下さった。 気温は低いが、山登ファッションなので何の問題も無い。 いや、寧ろ洒落た店内より、粘着(長居)して沢山呑んで(亦かい)、大声で(多少品性を問われそうな内容を)話す我々には、此方がマッチベター。 今回も非常に御世話に為りました。 感謝、感謝で帰途に付きました。 車の中でもビールを入れては、SA毎に出すと云う忙しい猛者も居らっしゃいましたが、楽しい楽しい「大人の修学旅行」は翌年に続くので有った。