今日の蔦の葉 其の652015/09/16 01:01:00

昼に「味噌の陣」に並んで居る時に「蔦の葉」の松田さんが麺を受け取りに来られた。 そんな彼にもう一度会う為に?、18時を目指して巣鴨駅から足早に歩くと既に暖簾が掛かって居た。
今日の蔦の葉 其の65-04
貴重な「茜霧島」との3ショット。 松田さんに為ってからの夜は初めてだ。

松田さんが「中々」をタップリと注いで呉れました。
今日の蔦の葉 其の65-01

此のグラスは沢山入るからね。

今日の蔦の葉 其の65-02
そして、牛時雨煮は2杯分纏めて。 流石に2杯目は加減して頂いた。

今日の蔦の葉 其の65-03
鴨肉の旨さは相変わらずで、イイネ!

主麺は「醤油つけそば」を御願いした。
今日の蔦の葉 其の65-05

今日の蔦の葉 其の65-06
少し呑み過ぎ位だったので、つけそばは丁度良かった。 風昧豊かな麺とスッキリ淡麗の付汁が心地良く喉から胃に落ちて行く 。オレンジの爽やかさも貢献度が高い。

気分良く引き揚げたのだが、湘南は遠い… 療養中の高橋さんの復帰が待たれるな。

そばはうす金色不如帰 其の812015/09/16 12:12:00

庭に咲いた白花の彼岸花。
そばはうす金色不如帰 其の81-01
XZ-10 を構えた瞬間に藪蚊が集まって来る。 なんて素早いんだろう。

水曜日の昼休みに不如帰ヘ。 中央線のダイヤが乱れて居たのだが、却って何時もよりも早く到着。 直ぐに後客続々だったので、ラッキーでした。 此曰は何故か集合が早いのね。 中々、金曜日に伺え無いのだが、平日のつけそばは大好きだ。 水曜日はカ丸君と松田さんのコンビでのオペレーション。 山本さんは開店前に出掛けられたが、勿論、此曰も「支那筍つけそば」を御願いした。

「何時も過ぎる」のだが、麺の直喰でスタート。 旨いよね、メンマと絡めて頂くと最高です。
そばはうす金色不如帰 其の81-03
何時か、全麺直喰して見たい。
そばはうす金色不如帰 其の81-02
勿論、付汁の旨さも特筆すべきで、石蓴の風味、貝のニュアンスに醤油と甘辛さの関わり具合が素晴らしい。 甘辛さが独特で、海のイメージと良くマッチする様に計算されて居る。 こんな一杯を頂きたくて、遠路遥々遣って来るのだ。