幸亭2015年2015/08/17 01:01:00

2015年も此の宵が巡って来た。 多摩川の花火大会を最高の手料理と共に楽しむ「幸亭」。 子供の様に指折り数えて、ワインを送って待って居た。 前年に料理のフォトテイクを奥さんとのコミュニケーションが悪くてミスったので、今回は全部自らシャッターを押した…のだが、沢山振舞って下さるので、構図も何も無く為って仕舞いましたwww。

幸亭2015年01_500
開宴前の静寂さが漂う。

幸亭2015年14_500
ワインも沢山有ったのだが、小生が用意した白は比較的無難路線。 シャトー・ド・シャントグリーヴ。 ソ-ヴィニョン・ブランとセミヨンが半々。 すっきりフレッシュで華やかと云うテイストは、此日の若い女性のゲストさん達のイメージにピッタリ嵌って居ました。 御蔭様で楽しい会話が弾んだけれど、深海魚の「竜宮の使い」が大好きとか、素晴らしい…んだよねwww。

幸亭2015年15_300
赤は西班牙、カサ・パルデのカベルネ・ソーヴィニヨンのマグナムボトル。 トレパットと云うローカル品種も加えられて居る。 適度な凝縮感と酸味。 此の重さだともう少しフレッシュネスが欲しい処だが、03ヴィンテージと云う事も有り、寧ろ逞しさを楽しむべきタイプなのかも知れない。 ミネラル感とは一寸違う不思議なニュアンスが紛れ込んで居て、雑味とは云わないが、ピュアな印象を遠ざけて居る…かも。

幸亭2015年02_500
手造麺麭。 ムチモチで淡く甘くて…いいね。

幸亭2015年-03_500
春巻風にカラッと揚がって中はシットリで美味。

幸亭2015年06_500
並べて見た。

幸亭2015年04_750

幸亭2015年05_750
花に代わって喰卓を飾る夏野菜。

幸亭2015年07_500
芸術的センスで…

幸亭2015年08_750
美味しい、旨い! 肉好き小生には最高です。 赤ワインにもぴったり。

幸亭2015年09_500
此方は鶏チャーシュウ。 白なら此方がより旨し。

幸亭2015年10_500
ピザとかも造れちゃう、Mシェフ。 マジ上出来過ぎる。

幸亭2015年11_500
パスタとかもめっちゃ旨い。 鶏油風味でしたっけ、素晴らしい。

幸亭2015年12_750
和えそばとかも拵えちゃうし。 そして、味わいの確かさに本当に驚かされる。 明日にでも御店を開けるよね。

幸亭2015年13_500
デザート。

扨、花火大会は此方。
幸亭2015年16_750
始まり、始まりぃ~ こんな絶好、絶景なロケーション。

幸亭2015年17_750
毎年カメラのファインダーばかり覗いて居たので、今回は XZ-10 の動画をセットして放って置いた。 此の目で見る迫力を満喫。

幸亭2015年18_750
フィナーレ前半のショット。

涼しい部屋で素晴らしい料理にワイン。 そして、特等席からの花火。 何が足りないと云うのだろう、いや何も無い。 Mさん御夫妻の毎年の御好意に感謝、感謝の一夜の夢、夢の様な一夜。

コメント

トラックバック