味噌の陣@蔦 其の142015/07/14 12:12:00

「ラーメン好き女子高生のドラマ」の舞台に「蔦」が為ったと伺い、観て見た。 行列がテーマだったのだが、「『代表待ち』は割り込みです」と云う明解なメッセージが良かった。 沢山の人が見たろうが、効果が有る事を祈る。 蔦の美味さも大いに宣伝して頂けた様で、翌日の日曜日は本当に2時間待ちだったとか。 で、火曜日の「味噌の陣」はどう為るのかしらん? 皆さんが「押し掛ける」のか「避ける」のか? 予想も出来ないので、何時もの時刻に伺ったら、次の方の到着迄は15分も有った。 前日以上の猛暑に為るとの予報で見送った方も少なく無かったのだろう。 日陰の待場にも路面からの反射熱気が押し寄せて来るし、時折の風も熱風だねぇ。 此日はパスが正解だった鴨? いえいえ、開店時刻には小泉さんが最初に並んだ位置迄、列が延びました。 祐貴君のブログには「辛いトッピング」の案内が記されて居たが、流石に無理っす。 そうか、7月からの「味噌の陣」は祐貴君の陣触れなのね。

味噌の陣@蔦 其の14
購入した喰券は「地鶏南蛮そば」。 折角早く来たのだから此を頂くのだ。 造り方の難しい事は判らないけれど、味わいは少し野趣が有るハイカラ和風の醤油スープ。 美味い長葱と三つ葉が沢山浮いて居て、日本蕎麦の「南蛮」と似ては居るのかな? テイストの違いも大きいけれど… 濃目の味わいだが、以前に頂いた時よりも更に洗練された印象だ。 間に「つけそば」バージョンを挟んだから、判らなく為っちゃった。 まぁ、とても美味しいので、御託を並べる必要は有りません。 麺が平打なので、喰感が蔦っぽく無いのだが、濃目のスープに伍して行ける秀でた出来映え。 ローストチキンは相変わらずの凄旨。 此が何時も楽しみだ。 祐貴君の自信に満ちた表情が頼もしく、己れの歳も実感鴨。 御馳走様。