月地堂 其の22015/06/13 01:01:00

久し振りにMさん御夫妻と夕喰を御一緒する。 奥様とは「ラーメン女子博」以来だが、Mさんとはグラシア以来、御会いして居なかったのかしらん? 知らぬ仲では無いので、まっつんシェフの月地堂に集合。 勿論、渦でも良かったのだが、小生が翌夜に渦る予定に為って居たので此方へ。

泡で乾杯、は例の如くフォトミス。 ワインは若林さんに2本選んで頂いた。
1本目。
月地堂 其の2-02
カリーム・ヴィオネ ムーラン・ナ・ヴァン。 若林さんが「ボジョレーの王様」と仰るから、造り手さん??と思ったら、「ムーラン・ナ・ヴァン」。 AOC(クリュ・ボージョレ)の事だった。 最上級のガメイで造られるボトルは熟成にも向いて居り、2011年ヴィンテージは飲頃だろう。 少し熟成の進んだピノみたいな印象で、思わず「ガメイだよね?」と尋ねて仕舞った。 ジワ~と湧き出て来る様な力強さで、ファーストヴィンテージらしからぬ体躯の豊かさだ。 凝縮感に潜む「脱いだら凄い」見たいな執事風に襟を正したタンニン。 酸味も強いが執事に巧くコントロールされて居る。 此の手の赤は大好きで、流石に小生の好みを良く御存知です。

2本目。
月地堂 其の2-05
ドメーヌ・グラムノン シエラ・デュ・シュッド。 ローヌ自然派の雄だが、ボトルは愛想に乏しいエチケット。 中身は…やや難解(笑)なシラー。 凝縮感では無く、濃密なジューシーさ、と云う感じ。 ライトなベリージャム的な酸味と控え目な甘味。 甘味には遠慮勝ちで、おどおどした肌骨無さが有るのだが、其れが何とも愛おしい。 シラーっぽいミネラル感やスパイシーネス、タンニンに弄ばれるて居るイメージが有るので、そんな風に思うのかも。 難解なのでは無く、ローヌシラーのキャラを余す処無く、発揮させた結果なのかも知れない。

まっつんに色々と御願いしたのは
月地堂 其の2-01
ベイクした野菜のサラダでスタート。
月地堂 其の2-03
前回も頂いた豚肉のリエット。 粗挽な処が好みで、麺麭を御代して頂きました。 軽くハーブを配うと良いかも。
月地堂 其の2-04
フライドポテト。 今回はカレー風味では無く、レギュラーなタイプ。 マスタードを絡めて頂くと更に美味しい。
月地堂 其の2-06
ルックスも気取らないハンドメイドのソーセージは、極めて美味しい。 いや、此れは滅茶好い。
月地堂 其の2-07
グラムノンに合わせたチーズ。 流石にクオリティの高いチーズで素晴らしい。
月地堂 其の2-08
締めのヌードルは、前回同様に冷製パスタ。 矢張、取り分けて頂きました。 細いパスタと味わいの組み合わせが最高。 締めは当分、此れに決まり。

楽しく、美味しい時間は矢の様に流れる。上り電車が品川止まりに為る頃に駅へ急ぐ。

コメント

トラックバック