食堂酒場 グラシア 其の142015/06/11 01:01:00

過日、マスターとマダムに御引き合わせ頂いて知己を得た、オルガニストの森さん。 彼女の渡仏前に一献を御一緒出来る運びと為り、グラシアへ急ぐ。 待ち合わせの時刻は、なんと16時(笑)。 未だ々陽が高い時刻なのだが、開宴。

食堂酒場 グラシア 其の14-01
此の季節為らば、スターターは此れ以外の選択肢は難しい。

食堂酒場 グラシア 其の14-08
1本目は白。 「小生は白は余り頂かない」と云う台詞を使い難く為った昨今では有るが、小布施のソーヴィニヨン・ブラン。 思った以上に膨よかな印象でニュージーランドのミドルクラスのクオリティを上げた様なタッチが好ましい。 柑橘系と青林檎のニュアンスに、独特な電気火花の風味(誰も判らない(爆))と云うか… 面白い。

マスターに「御任せ」で彼是出して頂いた。
食堂酒場 グラシア 其の14-02
急性?の海老アレルギー発症の彼女、此れ幸い(御免なさい)と独りで平らげたのは、「生白海老剥き身」。 横着な小生の為に…では無かったのかもだが、丁寧に皮を処理して有り、喰べ易い。 勿論、飛切の美味さで仄かな海老の甘味がソーヴィニヨン・ブランに絡む。

食堂酒場 グラシア 其の14-03
「信州サーモンのカルパッチョ」。 上等なサーモンは上品なテイストで、蕩ける味わいは上質其物。 スモークでは無く、生でこその一品に震えちゃう。

食堂酒場 グラシア 其の14-04
北海道の紫アスパラ。 立派な体裁なのに柔らかい。 茹でると緑色に変わる手品師。

食堂酒場 グラシア 其の14-05
マダム御手製のニョッキは、北海道の「春キラリ」と云う小麦粉で密度濃く仕上げられて居る。 其れを濃厚ゴルゴンゾーラソースに絡める。 此れは逸品。 ヘヴィな構成なのだが、旨さはセレブ。

2本目は何時もの小布施のルージュ。 メルロー主体にCSを混醸。 安心の1本で落ち着いて頂ける。
食堂酒場 グラシア 其の14-09

彼女が丁寧にカットして下さった処を貪り喰う。
食堂酒場 グラシア 其の14-06
此方の高級牛肉だったか、記憶がメルロに溶けて仕舞ったのだが… 兎も角、超絶絶品なステーキ。 肉の美味さを損なわない様に、際立つように巧みな味付けが為されて居て、此れは美味!

食堂酒場 グラシア 其の14-07
チキンカレーで締めると云うのも乙なのだが、只のカレーじゃないよね… 香ばしい風味はエスニックなベースに乗って居て、南国ムードが漂う。 此の御米が誠にテイストに似付かわしい喰感で堪りません。

楽しく、美味しい時間は人生の糧、ですね。 御馳走様、有難う。

コメント

トラックバック