撮って見た 其の692014/04/04 01:01:00

著莪(シャガ)

撮って見た 其の69-2
アヤメ科アヤメ属。 先ずは名前の話から…「射干」と漢字表記される事も多いが、漢名の「射干」は「ヤカン」と読み、「檜扇(ヒオウギ)アヤメ」を指す。 「胡蝶花」の別名も有るが、胡蝶蘭と混同しそうで(する訳無いか)… 其処で本稿では「著莪」を採った。 学名は「Iris japonica」なのだが、残念乍中国原産。 因みに「Iris」は、希臘(ギリシャ)語で「虹」を意味する。 変化する花の色を愛でての命名だろうが、小生は外花被片の目立つ此の花形は余り好まない。 著莪もじっと睨めっこして居るとB級映画の宇宙人に見えて来る。 日本で咲く著莪は3倍体の為、種子は出来ない。 詰まり、国内の全ての著莪は最初に伝わった株から人の手に依って広まったと云う事だ。 中国には二倍体の株も有り、変異も多いと聞く。 是非、見てみたい物だ。 東京都はレッドリストに掲載したが、神奈川県では普通に見られる。 鎌倉の群生等は呆れる程の規模で有る。(花言葉は「友人が多い」) アヤメ科では珍しい常緑の葉を持つので、花期以外でも其の群生の存在を知る事が出来る。 此の葉は、表裏の無い単面葉では有るが、根本から斜めに伸びるので、結果的に上を向いた面が表の様に為る。 余り美しい葉とは思えないね。 次々に咲くので余り気付かないが、花は1日しか保たない。

撮って見た 其の69-1

紫の斑(ふ)の仏めく著莪の花     高浜虚子



黄菖蒲(キショウブ)

撮って見た 其の69-3
此方もアヤメ科アヤメ属の多年草で帰化植物と著莪と同じ素性。 漢字を当てると、アヤメも(ハナ)ショウブも「菖蒲」に為る。 アヤメには「綾目」を使うと混乱が少ない。 いや、片仮名を使いましょう…かも。 杜若も加えて3つの見分け方(或いは端午の節句に使われる「本当の菖蒲」(サトイモ科)も含めて)等は、探せば幾らでも記事がヒットするので割愛。 黄菖蒲が独逸から来日したのは明治30年頃だが、現在では「要注意外来生物」として分布拡大を抑止する様に呼び掛けられて居る。 美しい色をして居るのに厄介者らしい… 国立環境研究所のホームページの指名手配紛いの「侵入生物データベース」にリストアップされて居る。

らーめん こんどる屋 其の42014/04/05 23:23:00

喇叭水仙。
らーめん こんどる屋 其の4-1

春酣の風情だが、此の週末も土曜日にバンちゃんを訪ねる。 大分暖かく為ったので、仕事の合間の禁断の一杯。

らーめん こんどる屋 其の4-2

らーめん こんどる屋 其の4-3
プレモルのジョッキでゴクゴクと頂くのだが、摘みに仕立てて呉れるチャーシュウが柔らかくて、そっと掛けたタレも良くマッチして居て、とても良い。

らーめん こんどる屋 其の4-4
「醤油の味、少し変えました」との事で、早速頂く。 甘さを抑えて、醤油の切れが増した。 其処へヤシオマスの出汁が良い感じでコクを齎す。 此の調合は小生の好みだ。 そして、細い縮麺も大層好きだ。 此の丼の中のコンビネイションは良い。 菠薐草や濃い目に味付けられたメンマ。 そして、前述した様にチャーシュウが美味しい。 此の作品はとても小生に合って居る様だ。 週末の御楽しみだね。

今日の渦 其の5512014/04/06 01:01:00

早朝からの休日仕事を早目に切り上げて、小田急線。 訪渦の前に片瀬江ノ島迄足を延ばす。 4月上旬には、湘南海岸から富士山に沈む太陽を望めるのだが、真頂上に当たるのはそろそろ御仕舞いだ。 此処数日は雲に遮られて居て、此の夕も難しいかと思って居た。 だが、藤沢の手前の東海道線から霊峰のシルエットを確認出来たので、急遽、弁天橋の下へ足を延ばす。 突堤の先に出れば、邪魔者は少ない。 だが、此の日は波が高くて、風も凄くて諦めた。 そんな根性では良いフォトは撮れない… いや、怖くてシャッター処では有りませぬ。 弁天橋の橋桁に隠れる様に E-M5 を構えても、風で身体ごとズレ動く程だ。 シャッター速度を早目にしたいが、感度は落としたいと結構開けて撮った。 思った以上にコンディションは良い。 「其の儘…」と祈り乍、ファインダーを覗く。 突堤には根性の有る同好の士が見える。 望遠レンズのピントを其処へ合わせると風に難儀して居る様子が判る。 三脚も使えない見たいだなぁ。 撮影場所を弁天橋の袂にしたのには、低いアングルで、波の打ち寄せる様をフレーミングしたかった事も理由なのだが、手前の突堤でも若者が燥いで居たので、少し仰角を上げた。 更に橋桁の一段目に攀じ登る。 登り難いので、誰かが小生の様子を見て居たら、嘸かし可笑しかったろうが、幸い此のポジションには滅多に人は来ない。 でも、此れなら橋の上で撮る方が正解だったんじゃないの…と自己突込。 ま、上は大賑わいですので…
今日の渦 其の551-1
此のフォトは光の射込を強調したいタイミングだったので、絞って撮って居る。 此日のダイヤモンド富士は将に此処が弩真中なのだ。 其れを収めると逃げる様に渦に向かう。 気温は兎も角、此の強風で体感温度は低く、ジャケットでは寒かったぁ… 天気予報の結果、「諦めた装い」だったのだ。


幸い奥のカウンターが未だ空いて居たので、其処へ収まり。
今日の渦 其の551-2
Y君に「兎も角、熱々の燗酒を」とリクエスト。 杜氏さんが嘆きそうな「飛切燗」だが、小生は此れが好き。 いやぁ、美味しい、暖まると3本だったかな、頂いた。

今日の渦 其の551-3
辰也君が拵えて呉れた「なめろう」。 少し山葵を置いて海苔に巻いて頂くと超美味い。 御酒が進みます… 常連のSさん用のを分けて頂いたのだが、此れ、好いねぇ。

今日の渦 其の551-4
もう一皿は、タレ焼チャーシュウ。 其のタレが濃厚な味わいで、適度に甘い処が此の肉に合って居り、流石。 葱を敷いて呉れたのも嬉しい配慮で、頬が落ちそうだ。

今日の渦 其の551-5

今日の渦 其の551-6
主麺は「夜鳴つけそば」。 最近は此ればかりだが、伺う頻度が落ちて居るので、矢っ張り、此の一杯なのだ。 スープが変わった様で、醤油のインパクトを強めて居るが、キーンな感じでは無く、夏仕様っぽいイメージだ。 何時もの様に柚子胡椒で麺の直喰を楽しんだ後、相変わらずの沢山の葱と焦がし葱を麺に絡めてスープで頂く。 矢っ張り、最高好みで幸せな気分に為れる。

翌朝も日曜と云うのに早いので、2時間程で引き上げたが、次回はワインボトルを抱え込んで粘着したい物だ。