燦燦斗@東十条 其の2332014/04/19 01:01:00

夕方に向けて気温はぐんぐんと降下。 雨もしぶとい感じで降ったり止んだりして居る。 其れでも久し振りに伺うのだ、燦燦斗。 すっかりインターバルが空いて仕舞った。 火曜、水曜、金曜の夜と云うのが、小生の実質的な三択なのだが、週末の振替を週中に取ると、中々伺うタイミングを見付けられない。 其で此の週は金曜日に遣って来た。 未だ夜の仕事を残して居るので、早く引き揚げたくて、SP。 一寸寒いが、あの一杯が暖めて呉れると開店を待つ。 と、7分も早く後藤さんが暖簾を掛けて下さった。 有難いなぁ。

燦燦斗@東十条 其の233-1
で、此を頂いた。 随分と御無沙汰して仕舞ったと染々と味わう。 此の魚介豚骨醤油の味わい、太くて弾力の有る麺…うむ、此で有る。 此を頂きたかった。 白胡椒を少々加えて、葱や貝割れとに麺を絡めて頂く。 美味いなぁ…と感慨に耽る。


諸葛菜
燦燦斗@東十条 其の233-2
と黄胸熊蜂。 此の蜂は見掛に依らずとても温厚。 「クマンバチ」と悪者にされたり、悪役として描かれるのは、実は雀蜂。 E-M5 が合焦する「ピピっ」と云う音が嫌いな様に思えたが、耳を持って居るのかな…飛蝗には耳が有るが、蜂はどうなんだろう。

らーめん こんどる屋 其の62014/04/19 23:23:00

土曜日の仕事の合間にバンちゃんを訪ねる。 もう何週続いて居るかな。 此の日は昼には伺えず、夕方に為ってから階段を昇る。 少し寒いが、飲んじゃおう、とビール。
ーめん こんどる屋 其の6-1
バンちゃんの勇姿も入れて置こう。 グラスが綺麗なのでエンジェルリングが出るし、サーバの手入れの良いことが其の味わいからも窺える。 そんな処にも拘りたいと仰る。
ーめん こんどる屋 其の6-2
摘みの雲呑…ピリ辛+だが、自家製の辣油と相俟ってとても美味しい。 美味いビールにピッタリだ。

ーめん こんどる屋 其の6-3
メインは塩なのだと思うが、小生は穏やかで居て、パワーが潜む少し甘い醤油のスープが好みだ。 ヤシオマスの持つ良さ、特性を上手に引き出して、他には無い味わいに仕上がった。 菠薐草や海苔はノスタルジックだが、菠薐草はボリュームアップしした。 メンマもチャーシューも上々で、カボちゃんの感想通り、どんどん一杯のレベルが向上して居る事を実感した。 翌週からは、夏向きな「ざる」も始まるので、楽しみにして居よう。


草苺
ーめん こんどる屋 其の6-4
と脚太花虻。 コイツは合焦音も気にしない。