麺屋KABOちゃん 其の622014/04/01 23:23:00

消費税が上がり、入社式が有り…と新年度が始まった。 日出時刻も早く為り、一番電車が多摩川を渡る頃に土手上のマンションが紅く染まる。 そんな日の昼休みに鼻を啜り乍、伺ったのは、霜降商店街。

麺屋KABOちゃん 其の62-1
店頭には、醤油と塩のつけ麺の告知が貼り出されて居る。 実は味噌つけ麺も有りまっせ…なんて。

麺屋KABOちゃん 其の62-2

麺屋KABOちゃん 其の62-3
其処で初めてな「塩つけ麺」を御願いした。 凄く美味しいんですけど… 爽やかな酸味は柿酢由来なのだろうか、マイルドな塩と云うだけで無く、甘ささえ感じる。 スープの底に潜む梅肉の甘い酸っぱさが、塩の風味に溶ける。 実は煮干風味を押さえて、カボちゃんがライトに仕上げて呉れたのだ。 小生の好みを良く御存知の御配慮。 嬉しい物だ。 チャーシュウは豚と鶏の2種類に為ったが、塩スープには鶏チャーシュウがとてもマッチして居る。 貝割を飾ったのも緑のアクセサリー。 麺はつけ麺に仕立てても良いフィールで美味しい。 此の麺はとても好みだ。

麺屋KABOちゃん 其の62-4
連翹は如何にも春な色に輝く。

コメント

トラックバック