燦燦斗@東十条 其の2232013/12/05 01:01:00

此の週は水曜日の夜に燦燦斗へ。
燦燦斗@東十条 其の223-1
TRYで部門賞3位に輝いた後藤さんの魚介豚骨醤油は、此のジャンルのひとつのスタイルを確立した。 此の味わいは、恐らくは元々小生が好きなカテゴリーでは無い。 にも拘わらず、こうして毎週伺いたく為る。 そんな滋味溢れる作品だ。 濃厚なスープに太い麺。 ローストポークに貝割と葱。 何も多過ぎず、何も不足して居ない。 そんな味わいを求めて、此の夜の行列も長い。 気温の低い夜に此以上の一杯はそうは無いものね。

ラブジョイ彗星2013/12/05 06:06:00

此のタイミングしかない、と見定めて、3時に起きて海岸へ。 ピント合わせを兼ねて、傾いたオリオンを1枚。 換算90mmの画角にピッタリと四辺形が収まる。
ラブジョイ彗星-01
F1.8 ISO1600 SS2.5sec. で撮った。

ラブジョイ彗星-03
東の空が照明で明るくて、目視では3等星も苦しい。 仕方無く、牛飼座のアルクトゥルスを起点に探したが、見付けるのに手間取った。 此方は、ISO800 の2秒で切って居る。

ラブジョイ彗星-04
位置としてはこんな処だ。 肉眼ではネカルが見えるかどうか…と云う状況。 彗星は4.3等のアルカルロプスよりも暗い。 此方は、ISO1600 の1秒。

アイソン亡き(可能性は指摘されて居たが、本当に崩壊するとは思って居なかった)今、此の彗星も撮れたので、自己満足。 機会が有れば、600mmにも収めて見たい物だが、設備も腕も無いので、目標が無ければ、先ず無理だ。
気温7度、風は2mなので、そんなに寒くは無い筈なのだが、沢山着込んでも2時間も浜辺に居ると冷える。 顔を循環する血液が冷やされて、全身に廻るからかなぁ… 次回から目出帽着用にしよう。 でも、絶対に職質されるよねぇ…(笑)。