今日の渦 其の5362013/11/26 01:01:00

恒例、渦のボジョレーナイト。
今日の渦 其の536-07
そんなにボジョレーな夜を騒ぎたい常連さんが他に居る訳では無いのだが、芳実オーナーが毎年気遣って下さる。 此の夜、付き合って下さったシニアワインエキスパートのCさんと小生は同じ意見。 ボジョレー・ヌーヴォー自体をを殊更に飲みたい訳では無いのだが、クリスマス前の此のタイミングに「もう今年も残す処、一ヶ月だねぇ」と皆で集まる口実にしたいのだ。 季節、と云うよりも時候を感じたいのだ。 まぁ、何でも良いので有る(爆)、皆で過ごせれば…、渦で過ごせれば。 但し、小生の体調は絶不調… 歳も考えずに、深夜から早朝に「哀損」ばかりで無く、「ラヴ女医」迄追い掛けるから(昼間はちゃんとオフィスにも行きますとも)なのだが… あ、彗星撮影の話です(笑)。
毎年、タイユヴァンかドミニク・ローランのボジョレー・ヌーヴォーを当日に買うのだが、2013年は三越で後者を購入。
今日の渦 其の536-01
こんな材質の悪い木箱を毎年使う(ヴィンテージを入れて居ない)なら、タイユバンの「赤」の様に厚紙の箱で良いと思うのだが。 タイユヴァンの1万円の「黒」は上質?の木箱入りだったね。 そんな夜は奥のカウンターが良いと何時もよりは早い小田急線に乗る。 遠方から来て下さった御二人が直ぐに到着されたので、好判断では有ったのだが、4人目の方が並ばれる迄は可也の時間が有りました。

今日の渦 其の536-02
「3皿、造って置きました」とオーナーが次々と出して呉れました。 一つひとつ解説を加えて下さったのだが、此の夜は(も)頭が働いて居ませんでした。 ひとつだけ理解したのは、得手なのはラーメンだけじゃないのね、と云う事。
今日の渦 其の536-03
ワインに合う様にと色々と考えて下さった、其の御気遣いと御気持に感謝です。 ん、うめぇ~

今日の渦 其の536-04
ドミニク・ローランだが、蝋で封印されて居る。 「そう云うイメージ」にしたいのね(笑)。 だが、13年は苦味が舌を叩くので印象が良くない。 渋味は適当だが、ガメイらしい「嘘臭い」と云うか、人工甘味料の様な甘さも足りない。 ボジョレー・ヌーヴォーが背伸びをしてコケて仕舞った感じで、分相応に振舞えば、問題無かった…と云う御話かも。

今日の渦 其の536-05
Cさんは、ボジョレーはボジョレーでも、ヌーヴォーではなく、「ムーラン・ナ・ヴァン」。 村のAOC、クリュ・ボージョレだ。 派手な色味でコクが有るが、不思議な味わい。 Cさんをしても「ガメイって、当てられるかしら?」。 小生に為ると、「スペインか何処かのローカル品種じゃない?」 時間が経つと柔らか味が出て、あの「イチゴキャンデーの甘さ」が感じられる様に為って来る。 ガメイは不思議な葡萄なのだ。 尤も此の夜の小生は「風邪舌」で全てが怪しい。

今日の渦 其の536-06
遠距離常連さんの御土産は、薩摩揚。 芳実オーナーが綺麗に盛って呉れました。 近くの常連さんも集まって来て、賑やかに為った頃には、小生の意識は朧に転じる。 結局、麺喰はパスして、翌日の有るCさんと一緒に早退。 翌日の金曜日は絶対無理と判って居たので、オフィスには休暇届を出して居た。 …で、其の儘、金・土・日とダウン。 土曜日に「美人の新妻さんと待ち合わせて、東京ラーメンショーに伺って、渦スタッフの辰也君の新人グランプリの応援をして、青空食堂で牟田さんやミィさんに会って、ワポ会で夏さんや黒木さんの一杯を頂いて…」が、全部パァに為りました(号泣)。 こんだけ咳が出たら外出は社会の迷惑だし、まぁ出られる訳も無く、です。

コメント

トラックバック