飯田商店@湯河原 9回目2013/11/22 01:01:00

カーナビの便利さは道案内だけで無く、到着時刻の予想にも有る。
飯田商店@湯河原 9回目-3
途中でフォトテイクに夢中に為って居ると、つい時間を取り過ぎて仕舞う。 到着予想時刻が14時30分よりも遅く為らない様に常に監視して呉れるのは有難い。 其れも法定速度や渋滞迄も加味して… 御蔭を以って、14時20分頃に無事に湯河原パークウェイを下り切った。 飯田商店の暖簾が未だ掛かって居る事を確認して、駐車場へ…何と満車。 店の脇の駐車スペースに1台分の空が有ったので、其処へ駐める。
「限定のつけ麺、今、終わって仕舞ったんですよ」と飯田さんが仰るが、限定狙いでは無かったので、全く問題有りません。 其の最後の限定を召し上がって居らした方は、写真、特に星野写真が御得意の様で、店内に飾られた銀河の写真や額装されて持って来られたカシオペア付近を捉えた物はセミプロ級。 腕も機材も良いんだろうな… 伺えば、漁師さんとの事で、星とは長く親しんで来られたのだろう。 今度、教えを請いたい物だ。

飯田商店@湯河原 9回目-2
ベースの醤油らぁめんを御願いして待って居ると暖簾が仕舞われる。 もう少し富士山と御付合いして居たら危なかったと云うタイミングだ。 飯田さんの作品には、「トロリ」と云うイメージが有る。 穏やかでマッタリしたスープなのだが、コアの確り感、芯の強さ…見たいなタッチだ。 此の柔らかな醤油の味わいがスープの質感にマッチする。 流麗な麺も此の「トロリ」に馴染む。 三つ葉やメンマ、チャーシュウ等もベクトルが揃って居て、乱れが無い。 飯田さんの作品は、当方のコンディションに関わらず、何時頂いても超絶に美味しい。 渦との「ワン?ツー?コラボ」なんて話も有る様だが、是非、実現させて頂きたい物だ。

学生時代に箱根から撮った富士の写真が出て来た。
飯田商店@湯河原 9回目-1

勿論、嘘です。 粗いモノクロにして、更にノイズをガウス分布で加えて見た。

コメント

トラックバック