今日の渦 其の5332013/11/03 12:05:33

以前に診て貰って居た世界貿易センタービルの診療所に書類を取りに行った序でに、展望台に上がって見た。 実は初めてだったのだが、有料(620円)なのね。 椅子やテーブルも有って快適だし、御姉さんが優しくて良かったけれど。
今日の渦 其の533-01
太陽が滲んで見えるのは、ガラスに張られた飛散防止のフィルムの影響で、此れはフォトテイクには邪魔物だ。 角度次第ではもっと酷く為る… 其の夕陽が沈む先には富士山の頂が有る計算なのだが、山容は全く判別出来ない。 其れにしても東京には高いビルが増えた物だなぁ。 逆光に為ったビル群を明るくレタッチして見た。
撮影者は10名に満たないので、此の日は御互が邪魔に為る事は無かったのだが、「三脚は1台だけ」(使えるのが吃驚だが)、「レンズはガラス面から10cm以上離して」(「其れじゃあ、フィルムは貼らないで…」と云うのは無理なんだろうが)…、守られて居ないなぁ。 納得が行かなくても、其処で定められて居るルールは、取り敢えず守らないと、ね。 日が沈むのを確認してから急いで電車を乗り継いで、何時もの時刻に本鵠沼に到着。

今日の渦 其の533-02
駆付ビール。

今日の渦 其の533-03
新しいスタッフのK君が拵えて呉れた試作の品。 餃子の皮の中にキーマカレーとチーズが仕込まれて居る。 中身の味のコンビネーションが秀逸だし、パリパリの外皮との対比も良い。 手で掴んで頂くのだが、手羽先の様にペーパーナプキンが必要だ。 未だ歩留が課題との事だが、メニューに載るのを楽しみにして居よう。
此処で芳実オーナーは別件の御仕事で外出。 後は、辰也君、K君、Hちゃんに託される。 其の辰也君だが、東京ラーメンショー絡みの「ラーメン新人王グランプリ」の決勝トーナメント進出が決まったそうだ。 翌日には、渦にもTV取材が入るとの事で、目出度くも凄いね。 東京ラーメンショーで準決勝、決勝戦が行われるそうで、応援に行かなくちゃ!

今日の渦 其の533-04

此の夜はシニアワインエキスパートのCさんと待ち合わせ。 少々遅れ気味の彼女を待たずに開けたのは、カザーレの「キアンティ コッリ・セネージ」。
今日の渦 其の533-05
トラディショナルなサンジョヴェーゼの仄かな甘味が気持ち良いが、キュートなタンニンと相俟って、「枯れたキャンディ」の様だと到着されたCさんと微笑む。 多くの葡萄品種が使われて居るそうだが、其等の纏まりの有るハーモニーが心地良い。

今日の渦 其の533-06
定番…の癖にレアと呼ぶのか、スモークと呼ぶのか…後者が正しい様です。 渦の由緒有る味わいは、赤ワインに嵌る。

今日の渦 其の533-07
面白いのが有る…とCさんが嬉しそうにピックアップしたエチケットには、不思議な文字が…希臘(ギリシャ)ですかい。 「ドメーヌ・ダラマラス ナウサ・パリオカリアス」、3本目だったら舌を噛んだだろう。 葡萄品種は「串の鮪」?…、いや、「クシノマヴロ」だそうだ。 云われて見れば、希臘は基督が生まれる1500年も前からワインを生産して居た、謂わば発祥の地だから、美味いワインが有っても当然と云う訳だ。 此方は試飲すると華奢なピノ・ノワール的な印象が有り、派手なデキャンタージュは控える事に決定。 色相もそうだが、味わいもピノにネッビオーロとかガメイを加えたニュアンスが有り、興味深い。 赤系のチェリーや木苺なんてイメージが其れを惹起せしめるのだが…若く感じる分、最初のデリケートさが酸味とスパイシーさを醸す様だ。 ロックスオフの御店主の「為て遣ったり顔」がボトルに浮かぶ様だ。
デキャンタージュをしないと知るや、Hちゃんがボトルに付ける注口をサッと出して呉れる。 こう云うアクションはポイントが高い、有難うね。

今日の渦 其の533-08
鶏皮餃子。 昼も夜も此れを頂く事が多い。 スパイシーなソースと柔らかい歯応に呼応する旨味が何とも癖に為る。

今日の渦 其の533-09
此れも定番中の定番。 メキシカンピザ。 肉味噌とチーズにレタス、パリパリの生地。 此れはワインの為に用意されて居るに違いない。

今日の渦 其の533-10
小生が今、最も好きなつけ麺のひとつが、渦の「夜鳴つけそば」。 此れは美味いっす。 此の漬汁の醤油感とたっぷり葱の香草のニュアンス、仄かな魚介に鶏… 小生の好きな要素が不断に凝縮して居る。

今日の渦 其の533-11

辰也君が麺のボリュームを調整して呉れた。 気が効く彼なのだ。 たっぷりの柚子胡椒も嬉しい、三つ葉や岩海苔、チャーシュウの入った丼に漬汁を少々掛けて、掻き混ぜたい衝動を抑えて、普通に頂く(笑)。 麺の風味、喰感も申し分無くて、最後に此の一杯を頂ける渦のアドバンテージは、五臓六腑に滲み居るなぁ。
5時間も粘着して漸くの御帰還、御世話に為りました。

コメント

トラックバック