凪 豚王@渋谷 其の2512013/10/25 01:01:00

西尾さんが何やら湖池屋さんとのコラボラーメンを造ると伺って、渋谷の豚王へ。 以前にもバンちゃんがポテトチップを使った一杯を拵えた事が有った筈だが、そんな延長線上なのかも知れない。 小雨が降り出した渋谷の坂を登るが、すっかり涼しく為って風が冷たい位だ。 西尾夫人とタイミングを合わせての訪問だったのだが、券売機にスペシャルの喰券が無いので、ニカイから異動に為ったライダカさんに断って店内に。 既に到着されて居たMさん(奥様と同一人物)の前の席に。 スタッフの皆さんにビールをリクエスト。 あ、プレモルなのですね。 厨房から西尾さんが戻って来られて、丁度一緒に為った常連さんと一緒に3杯纏めて御願いした。

凪 豚王@渋谷 其の251-1
トマトとコーンの2種類の味が有るとの事で夫人がトマト、小生はコーン。 スープは…辛いぜよ、可也。 伺うと台湾で提饗予定の一杯の試作との事で、台湾の若い人には此位でないと受けないのかも知れない。 唐辛子の辛さよりも胡椒のインパクトが大きい。 其れでもベースの豚骨味が確りして居るので、旨味が負けて仕舞う様な事は無い。 コーンベースの方がややマイルドだが、トマトの方は結構キーンな印象で、余りトマトは感じられないかも。 小池屋さんが販売して居るポテトの御菓子、「カラムーチョ」が不断に乗せられて居るが、辛いスープとのマッチングは上々。 スープを吸って、シナシナには為るが、崩れて仕舞う事は無い。 今回使ったカラムーチョは台湾仕様と伺った。(より辛いのかなぁ?) 
スープには沢山の具が溶け込んで居るのだが、サルベージする程には辛さへの耐性が無い小生で有る。 其れでもチャーシューのガッツリした美味さは堪能した。 久し振りに海草入りの凪の豚骨味を頂けて良かったのだが、還暦日本人には辛度が高かったね(笑)。

其後、西尾御夫妻と日本で唯一のオレゴンワインバーへ。 此処、アジトっぽくて好きでした。

翌日の早朝出張を控えて、此の夜は東京に投宿。 扨、何処の御寺でしょうか?
凪 豚王@渋谷 其の251-2

コメント

トラックバック