紫 くろ喜 其の212013/10/18 23:23:00

朝方は曇天で、海岸からのパール富士は残念な結果に終わった。 まぁ、そう易々とは行かない物だよねぇ。 そんな金曜日、「紫 くろ喜」に伺う。 前週はスキップして仕舞ったので、亦々、「鴨つけそば」のターンだ。 翌週も危ういので、牛蒡麺に変わった白湯のつけそばを頂く日は何時に為るのだろう。

紫 くろ喜 其の21-1

紫 くろ喜 其の21-2
此、凄く美味で好み。 東京ウォーカーで「饗」が2位で、「紫」も掲載されたと黒木さんのブログで拝読した。 此の味わいなら当然だろうね。 そんな醤油ベースの鴨風味の漬汁にはオニオンのコンフィが潜み、酢橘の香りが漂う。 其れにパキポキの低加水麺。 2週間のインターバルが空くと禁断症状回復の為にも頂かなくては成らない。 春菊に香り高い太メンマ、絶品鴨肉… あぁ、幸せな時間。 黒木さんは小生のブログに目を通して下さって居るので、小生の細かい難癖も覚えて居て下さる。 「ブログになんか書かないで、云って下さい」と云う御店主の方もいらっしゃる。 他の御客様の前では申し上げ難いなら、ブログにも書かない方が良いのかも知れない。 黒木さんにも御気遣いを頂いて申し訳ない気分だった。

コメント

トラックバック