今日の渦 其の5292013/09/29 08:21:16

土曜日の仕事が片付かず、すっかり遅く為ってから渦に辿り着く。 ラストオーダー迄45分ってタイミングだ。 幸い1席の空きが有り、其処へ。 後客のグループの為に何時もの奥席に移動。 此方はホームポジションで、小生も落ち着くので歓迎だ。 芳実オーナーには御会い出来ずに残念だったが、久し振りにU君の顔が厨房に。 麺上げは此の夜もタツヤ君が担当。

今日の渦 其の529-1
ビールでは無く、のっけから赤をグラスで頂く。 もう、ボトルを空ける時間は無いので… とか云い乍、短時間に4杯だったかな(笑)。

今日の渦 其の529-2
「塩釜チャーシュウ」を御願いする。 「スモーク」を冠するのが正しい様だが、そんなにスモーキーでは無い。 だが、此のチャーシュウを肴に赤ワインを頂くと寛ぎ気分。 こんな事が出来るのは渦だけだから。

今日の渦 其の529-3
御腹が減って居たので、メキシカンピザもリクエスト。 此方も小生の定番で大好き。 矢っ張り、赤ワインとの相性が良い。 今回は自分でカットしました。 (厨房は黒ばっかりだったし(笑))

今日の渦 其の529-4

今日の渦 其の529-5
で、早くも主麺をオーダー。 土曜日なのだが、「蓮沼スペシャル」は御休みだった見たいなので、最近の夜に良く御願いする此方をラストオーダーに。 「夜鳴きつけそば」。 柚子胡椒を麺に塗すと直喰しても良し、勿論、漬汁に浸しても美味い。 葱が超不断に落とし込まれた少しエスニックな醤油テイストの味わいはとても好み。 麺に添えられた三つ葉や乾燥石蓴?が、此のスープに見合う。 薄くオイルの膜が見えるが、油っぽい印象は無く、秋の夜長に見合う爽やかな味わいだ。

お、常連さんは御近所の「和(にこ)」に集結して居た見たいだな。 顔を出して見れば良かったかも。 久し振りに土曜日の夜更けに通ったのに。

大原を歩いて来ました 其の12013/09/29 21:43:33

渦の京都大丸への催事出店慰問を口実に久し振りに京都ひとり旅を敢行。 還暦夏季休暇の良い想出に為った。 地下鉄とバスを乗り継いだが、夏休みの後、紅葉の前と云うタイミングで案の定、観光客は少ない。

大原を歩いて来ました 其の1-1
三千院への道の途中にこんな場所が有る事は余り知られて居ない、「見渡す限り大原の里」。

大原を歩いて来ました 其の1-2
三千院境内の杉苔。

大原を歩いて来ました 其の1-3
桧苔。 苔にも杉と桧が有りまして…

大原を歩いて来ました 其の1-4
そんな苔に埋もれる童地蔵。 誰もがレンズを向ける恰好の被写体。

大原を歩いて来ました 其の1-5
少し御話しをした矢張ひとり旅の外国人が狙うのは、池の鯉。 「往生極楽院」位は撮って置かないと…