ラーメン凪 炎のつけめん 其の472013/09/26 01:01:00

本来なら夜のワイン会に伺う予定だったのだが、TV会議が入って仕舞い、どうも怪しい気配。 大幅に遅れそうだ…いや、間に合わないだろうなぁ(泣)。 で、ワインだけは届けて置こうと、昼休みにニカイに向かった。 早い時刻に伺って、ライダカさん、ミィさん、園田さん… 昔話に花が咲いて、つい一杯頂いて仕舞った。
ラーメン凪 炎のつけめん 其の47-1


ラーメン凪 炎のつけめん 其の47-2

ライダカさんの此のチャーシュウ、一寸だけ辛くて凄く美味しい。 此の薄くスライスした処も中々肉質に見合って居り、腕を上げましたねぇ。 近々、渋谷の豚王に転勤と伺った。 夜に伺うべき店が増えるね。 後任はミィさんで、今後はBさん/ミィさんコンビでオぺレーションされるとの事。 然う斯うする内に、カウンターはフルオキュパントで、楚々草とビールを流し込む。

ラーメン凪 炎のつけめん 其の47-3

ラーメン凪 炎のつけめん 其の47-4
新しい丼は派手だね(笑)。 御願いしたのは、0.5カラット位で…の「炎のつけ麺」。 僅かで有っても、「炎」が付くのを頂くのは久し振りだ。 あ、んでも辛いかも(笑)。 でも、流石に旨いねぇ。 醤油感が辛さに負けずにタメを張る。 少しだけ、と御願いした麻婆豆腐も辛旨い。 成程、此れは人気に為る辛味なのだ。 昼から満員、皆さん辛さに強いらしい(笑)。

今日の蔦 其の952013/09/26 23:23:00

今回の颱風は逸れて呉れた様だが、中途半端な驟雨を置いて行った。 其の雲にも切間が出来た昼休みに蔦を訪問。 夜の方が良いとは思うのだが、火・水・金のタイミングは中々割けなくて、此の週も壱岐っ娘は御預けだ。

今日の蔦 其の95-1
御願いしたのは、塩のつけそば。 先日、醤油つけそばを頂いたので、今回は塩。 温かい醤油スープも変わったと伺ったのだが、其れは次回、夜かな。 麺のパートは醤油と同じで至ってシンプル。 小麦粉風味が良く感じられて好きなタイプ。

今日の蔦 其の95-2
綺麗なスープだ。 透明感も高く、流麗さがルックスからも知れると云うイメージ。 蓮華で掬うと隠れて居た旨味が溢れ出て来る様に薫る。 テイストは、塩がひとりで前に出て来ないにも拘わらず、存在感は充分。 煮干とのコンビネーションが良くて、全ての素材の主張を感じ乍も纏まりが良い。 煮干もこんな風に薫って呉れると寧ろ好きなのだ。 オイリーなのに油っぽさは微塵も感じない。 三つ葉や葱が良い香りを運んで呉れる。 細くカットされたチャーシューは殊更に味わいが向上した様に思える。 やや脂身の部分なのだが、其れが亦、ジューシーな肉の美味さを齎して居る。 流石は蔦の作品で有る。

渦で良く御目に掛かる方もいらっしゃって、御挨拶。