今日の渦 其の524:(京都大丸催事出店1)2013/09/11 23:23:00

行こうか、行けるか… 可也手古摺ったが、短い乍、プチ夏休み(2回目か)を取れる事に為り、前日の帰宅途中に切符や宿を手配した。
今日の渦 其の524-1

そして来たのだ。 京都迄、渦の為に… 勿論、義理で来たのでは無くて、「来たかったから」だ。 其れに京都なら遊べるし、なので有る。 バタバタと着替と E-M5 と XZ-10 を鞄に詰め込んで、何時もよりも30分程遅い2番電車から「のぞみ」へ乗り換える。 最近は新幹線に乗る機会もすっかり減ったが、相変わらず速いのね(笑)。 で、9時には京都駅に着いて仕舞った。 カメラバッグに詰め替えてから、四条烏丸の大丸へ。

今日の渦 其の524-2
駅前のディスプレイには大きな広告が出て居たので、1枚。 ディスプレイなので、コントラストがギンギンだが、とても目立つ。 多少は土地勘が残って居る辺りなので、迷わずに開店時刻に到着。 7階催場のイートインへ驀。 遣った! 栄光の初杯は我腹に(笑)。 プレスのカメラやリポーターらしき綺麗な御嬢さんがいらっしゃる脇を抜けて、調理場の前のカウンターへ。 ホールを仕切るのは、我等がK子様。 初日の開店直後と云う慌ただしい場を華麗に効率良くマネージされて居る。 プレスにもハッキリと物を云える彼女の存在は大きい。 御迷惑を省みずに何枚か厨房の勇姿を撮らせて頂く。
今日の渦 其の524-3

今日の渦 其の524-4

今日の渦 其の524-5
あ、盗賊のアジトに踏み込んで仕舞ったらしい(爆)。

今日の渦 其の524-6
夜にもう一度伺う心算なので、杯数に限りの有る味噌を御願いした。 そして、チャーシュー増にしたので、1200円と豪勢な「朝喰」に為った。 見よ、此れが湘南の雄、渦の作品だ。 専心して味わえ…なんちゃって(笑)。 スープを啜って、おぅ、紛う事無き、渦の味わい。 いや、本店と違わぬ美味さだ。 此ならば京都人も吃驚だろうて、とひとり北叟笑む。 少しだけ甘くて、一寸だけピリ辛で、優しい味噌のテイスト。 沢山にしたチャーシューも本鵠沼のテイストと全く同じで最高。 麺も餅ぃ印象で此の味噌スープに良くマッチして居る。 わぁ、催事出店で此以上を望める筈が無い、万歳。

では、大原へ。