燦燦斗@東十条 其の2182013/09/04 01:01:00

最近、忙しい… 多分、「公私共に」とか云う奴だ。 週末に纏めてアップとかも儘ならないので、バックログが溜まる。 1週間遅れには為らない様に頑張ろう。 で、前週の火曜日の事から。

9月はラーメンスケジュールの立案が難しい。 仕事もプライベートも何かと慌ただしいのだ。 其の日に為ってから伺う御店を決めると云うのは下手で、変更が入る事も想定した上で週を通した立案をするのは、性格的趣味見たいな物だ。 火曜日の夜は原則的に後藤さんの処と慣例化して居る。 出来るだけ早目の到着を心掛けて居る。 然も無いと、18時30分頃の並びの長さは20人以上に為る事も有るからだ。 同じ待時間なら、「読める」方が良いのだ。

燦燦斗@東十条 其の218-1
此の日も結局、33度迄水銀柱は駆け上った。 で有れば、奥様のビールを頂く権利が生じると云う物だ。 面倒事の多かった一日を振り返り、嬰児しそうな翌日の会議の事は…考えない(笑)。 燦燦斗のビールには軽い摘みとして、少々のローストポークとメンマが添えられる。 此がとても御得で、量も丁度良いのだ。 ラーメンを待つ時間にピッタリと嵌まる。

燦燦斗@東十条 其の218-2
折角の御味を阻害する様な考えを振り払い、目の前の一杯に集中。 そんな事が出来る美味さを備えた燦燦斗の作品。 喰べ馴れた魚介豚骨醤油スープに風味豊かな太麺。 そして、ローストポーク。 もう、200回も頂いたのだろうが、美味さの感激は毎回の様だ。 初めて此の一杯を頂いた時には、其れはもう只管のビックリだったなぁ… 翌週は伺えないかも…と味わいを噛み締めて駅へ戻る。

コメント

トラックバック